松山英樹選手の快挙でラガーマンだった自分を思い出した

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

ゴルフの松山英樹選手がやってくれましたね。

ゴルフとは全く無縁のオヤジでも、やっぱり気になるものでして、

15ホール目くらいからはテレビにかぶりついてしまいました。

 

もちろんPCに向かいながら、横にあるテレビをサイレントにして・

グリーンどころか打ちっぱなしにも行ったことのないゴルフ音痴なのに、

最終ホールはハラハラしましたね。

バンカーに入れちゃった時にはヤバくない?と思ったど素人ですが、

なんとか逃げ切ってくれました。

 

ちょうど8時頃でしたから、通勤中の皆さんはスマホ観戦でしたか・

それとも遅刻を選択した・

たくさんのゴルフ愛好家を熱中させた松山選手でした。

 

それにしても最終ホールのギャラリーの「」が凄かったですね。

 

 

 

 

上手い、下手は別にして、基本的にはスポーツ好き音楽好きを自負しています。

中学は野球部で、高校ではラグビーに夢中になったおかげで

成績は下降するばかりで、今は少しだけ後悔しています。

 

ラグビーを後悔しているのではなくて、もっと学業に力を入れるべきだった・

暗くなるまで練習して、帰れば疲れて寝るだけの毎日。

両親は地方にいたために、高1の時だけ下宿を余儀なくされていたのですが、

毎日夕食が遅くなるから、家主のおばさんにも嫌味を言われるし、

そこの下宿には近くにある進学校の子供たちばかりで、

私は数段レベルの低い高校でしたから、

それだけでも肩身の狭い生活を強いられていたのです。

(こちらでは下宿とは学生に食事付きで部屋を提供するところをいいます)

 

高2の時には追い出されるように、荷物をまとめて・・

悲しすぎる3畳間の思い出です。

 

青空とラグビー場

 

東京で社会人になってからも、ラグビーを続けることができました。

でも、異業種交流のようなチームでしたから、

集まって練習という日はなく、

日曜日に指定される場所に行って、いきなり試合をするのです。

そのために、週一回でも自主練習することがとても有効なことでした。

 

近くのマンションの駐車場でたった一人で、

走って、楕円球を蹴って、受けて、また走って・

たった30分くらいのことでも、次の日曜日には走れるようになるのです。

 

こんなチームですから、毎回反省会のような、ただの飲み会ような集会が、

25人くらい入れる食堂や夕方早めに開く居酒屋を占拠して行われるのです。

この時も飲めない私はただ雰囲気を味わっているだけでしたが、

一切仕事に関係することもなく、誹謗中傷も一切ない場が

田舎者にはとても心地よく過ごせる時間でした。

 

もう戻らない時間ですが、

久しぶりにスポーツマンだった自分を再確認できました。

今はただ肥満で走れない、ラガーマンとは呼べないオヤジです。

 

 

 

 

日々の生活や会話とか老後の心配ばかりです 

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

が亡くなってちょうど10年になりました。

何度も書きましたが、東日本大震災の翌月に

入院していた病院で、誰にも看取られずに夜一人で逝ってしまいました。

これからも震災のニュースを見るたびに、

亡くなって何年経ったんだと・と教えられるのでしょうね。

 

今年は母の3回忌が行われますが、毎年のようにあった葬儀・法事も

来年は一切予定はありません。

そんな状態にところに割り込んでくるような、

急な葬儀がないことを祈るばかりです。

 

こぶしを上げる男性

 

兄弟、義兄弟、みんな年取りましたからね。

私が末っ子で65歳・

誰にいつ、何かが起きても不思議ではない年齢になりました。

 

でも、最も若い自分がいちばん危ないかもしれません。

肥満だし、運動しないし、

甘いもの好きだし、揚げ物大好きだし・

 

堂々と体重を発表できないのが悲しいけれど、

アルコールは飲めない、ヘビースモーカーが18年前に完全に禁煙できたことが

少しでも寿命を延ばしてくれていると信じています。

 

 

 

 

話しは変わりますが、

酒は飲めない、会話は下手で面白くない、

そんな取り柄のないつまらない男が、

よく定年まで勤めあげることができたものです。

 

人付き合いが下手なのは、話し下手、聞き下手だからだと思っています。

ボキャブラリーが不足しているから、会話もグダグダで

でも、部下を叱るときだけは雄弁でした。

 

見てきた状況を説明しなければならない時は最悪です。

細部まで的確に自分の口で言うのは無理・

・・だったかもしれない、

たぶん・・だったと思う・

そんな口調でオドオドしてしまうのです。

記憶力にも関係していることと思いますが・

 

奥さんによく言われます。

 

あんたは聞いているようで聞いていないよね・

 

会話しながら、

次に返答すること、もっともらしい答えを探っているのでしょう・

それとも全くの上の空なのか・

 

老後生活に突入した我が家では、

これから、どんな会話が繰り広げられていくのでしょう・

 

話さなくても、そばにいてホッとできるのが

いちばんいいことだと私は感じています。

話せば余計なことを言ってしまうしね。