手のひら返し 連日柔道を応援しています

 

オリンピックの盛り上がりと比例するように、

コロナ新規感染者が、急増している日本・

とうとう1万人を超えました。

オリンピックが終わる頃には日本、東京、そして選手村は

どうなっているのでしょう。

 

数日前にはネットで「手のひら返し」というキーワードが

乱れ飛んでいました。

私もその一人です、申し訳ありません・・

 

連日、柔道の試合を楽しませてもらっていますが、

外国人選手の試合も面白いですね。

決着がつくとお互いを称え合ってハグしたり、

悔しくて握手だけで顔も合わせずに畳を降りる選手もいます。

 

勝者は飛び跳ねて喜んで、両手を上にあげてガッツポーズ、

敗者は悔しく畳から起き上がれなくなったり・

可哀そうですが勝負の世界だから仕方がない。

昔、母が言った言葉が、

どっちかが勝って、どっちかが負けるのに・

 

そんなに夢中になっても応援しても、

しょうがないのに・と、

母は冷ややかに見ていたのでしょうね。

ちなみに選手ではなく、

テレビに釘付けになっている父に対する発言だったようですが・

 

勝者には栄誉が与えられ、敗者には慰めの言葉が・・

日本の柔道の選手は金メダルが目標ですから、

メダルでは敗者も同然のように、

自分自身で追い詰めてしまうようですね。

 

でも、月並みな言葉ですがメダル獲っただけでも、

オリンピックに参加できただけでも凄いことだと、

素人のオヤジは思うわけです。

メダル獲れた選手も予選で敗退してしまった選手も

精一杯日本柔道を見せてくれたと思っています。

 

負けた選手は精神的に未熟だったとかよく言いますが、

決してそんなことはないですよ。

堂々とオリンピアンを自慢してください。

 

一流のアスリートになれただけでも、凄いと思います。

同じような夢を見た人はたくさんいるはず・

そして挫折してしまった人も数えきれないほどいます。

 

日本柔道をしっかり見せてくれた柔道選手団に

感謝の気持ちを伝えたい。

技よりも力で相手を封じ込めるような欧州柔道はいかがなものか・と、

ひそかに思っていたのですが、

解説の方がある試合で正統な日本柔道と発言してくださったのには

感激してしまいました。

正統な日本柔道はまだまだ健在ですね。

 

60歳代ブログに参加中。応援していただけるとうれしいです。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

 

 

土用の丑の日にさんま蒲焼重を食べてみた

 

一昨日の7月28日は「土用の丑の日」でしたが

皆さんはうなぎを食べましたか・

 

夏の土用の丑の日は昔から重要な日で、

土用の期間が終われば立秋で、季節の変わり目から

体をいたわり精が付くものを食べるようになった。

そこで栄養豊富なうなぎを食べる習慣ができた・と思ってしまいますが、

別な説もあります。

 

 平賀源内説 

商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した

 

うなぎ自体はカロリー高めでご飯も一緒ですから、

相当、高カロリーな食事になりますね。

我が家では普段から奥さんが、

スーパーに価格も大きさも手頃なものがあると

うなぎ大好き人間の私のために買ってくれますので

特に土用の丑の日にはこだわりません。

 

土用の丑の日は私には悪夢のような記憶があります。

以前、30年近く勤めた会社のイベントで、

この土用の丑の日に特製うな重を販売していたのです。

1個1,000~1300円でしたが、

田舎都市ではうな重に興味がある人も少なく、

とにかく予約を受けることに必死で、

もうほとんど押し売り状態でした。

一般客はほとんどなく、取引業者や社員の家族など、

とにかくゴリ押しで、

社員には10個以上とかのノルマもあったはず・

 

2000個近いうな重を、

とにかく全社一丸で経理でもボイラーマンでも

UberEatsに早変わりでした。

配達はもちろん車ですけど・・

 

配達したのはいいけど、

食べようとしたらご飯だけで、うなぎがのっていなかった・と、

不思議だけれど、笑ってしまうような苦情もありました。

 

最後は作った数と販売した数を合わせます。

それがなかなか合わないのですよ。

簡単なことのようですが、

予約状況も配達の詳細も全て紙でしたから・

 

神対応ではなく、すべて紙対応

今思うと恐ろしい作業でした。

変更も電話ばかりで、言った、聞いていない・の連続で、

楽しくなかったし、苦しかった。

やっぱり悪夢のうな重です。

 

北海道と茨木県に展開しているコンビニ「セイコーマート」で

丑の日にうな重ではなく「さんま蒲焼重」を販売していました。

兄が頻繁に世話になっているコンビニですので、

セールストークを断り切れなかったのでしょう。

我が家も注文させてもらい、

初めてさんま重なるものを食してみました。

 

まあ、こんなものかな・

さんま重とペットボトルのお茶も付いて594円です。

来年はどうするか、微妙です。

 

60歳代ブログに参加中。応援していただけるとうれしいです。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ