日々の生活や会話とか老後の心配ばかりです 

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

が亡くなってちょうど10年になりました。

何度も書きましたが、東日本大震災の翌月に

入院していた病院で、誰にも看取られずに夜一人で逝ってしまいました。

これからも震災のニュースを見るたびに、

亡くなって何年経ったんだと・と教えられるのでしょうね。

 

今年は母の3回忌が行われますが、毎年のようにあった葬儀・法事も

来年は一切予定はありません。

そんな状態にところに割り込んでくるような、

急な葬儀がないことを祈るばかりです。

 

こぶしを上げる男性

 

兄弟、義兄弟、みんな年取りましたからね。

私が末っ子で65歳・

誰にいつ、何かが起きても不思議ではない年齢になりました。

 

でも、最も若い自分がいちばん危ないかもしれません。

肥満だし、運動しないし、

甘いもの好きだし、揚げ物大好きだし・

 

堂々と体重を発表できないのが悲しいけれど、

アルコールは飲めない、ヘビースモーカーが18年前に完全に禁煙できたことが

少しでも寿命を延ばしてくれていると信じています。

 

 

 

 


 

 

話しは変わりますが、

酒は飲めない、会話は下手で面白くない、

そんな取り柄のないつまらない男が、

よく定年まで勤めあげることができたものです。

 

人付き合いが下手なのは、話し下手、聞き下手だからだと思っています。

ボキャブラリーが不足しているから、会話もグダグダで

でも、部下を叱るときだけは雄弁でした。

 

見てきた状況を説明しなければならない時は最悪です。

細部まで的確に自分の口で言うのは無理・

・・だったかもしれない、

たぶん・・だったと思う・

そんな口調でオドオドしてしまうのです。

記憶力にも関係していることと思いますが・

 

奥さんによく言われます。

 

あんたは聞いているようで聞いていないよね・

 

会話しながら、

次に返答すること、もっともらしい答えを探っているのでしょう・

それとも全くの上の空なのか・

 

老後生活に突入した我が家では、

これから、どんな会話が繰り広げられていくのでしょう・

 

話さなくても、そばにいてホッとできるのが

いちばんいいことだと私は感じています。

話せば余計なことを言ってしまうしね。

 

 

 

 

棚ぼたと神の賜物

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

何度か通院していた耳鼻科ですが、

鼓膜を切開していただいた後は、滲出性中耳炎を再発することもなく、

これで治療終了・と思っていたのに、あと一回だけ、

2週間後にもう一度様子を見ましょう・となりました。

最大通院していた病気はなんと5科もありましたが、

ようやく1~2か所削減できそうです。

 

今年の医療費は前年の数倍の速さで支出されていますから、

なんとか病気に罹らないように、薬を飲まないように、

自己管理をしっかりしていかなければ・と自身を戒めているオヤジです。

 

退職前は会社の常備薬でなんとかなることもありました。

あの松岡修造さんがCMしている会社の薬でしたが、

すぐ近くにあるということは我慢しなくてもよかったし、

福利厚生費で落とされますから、誰に遠慮することもなく

どんどん使えるところがケチケチにはありがたかったのです。

 

 

 

 

 

 

もちろん会社勤めは楽ではありませんが、

給料やボーナスの他にも結構いい思いをすることってないですか・

薬をタダで使えるのもそう・

 

私の最後の会社は年末にボーナスとは一切関係なく、

毎年、お歳暮のような感じで ハムのギフトセット をいただいていました。

社員とか契約社員、パートさんとか一切関係なく、 全労働者が対象 で、

初めての時は、てっきり会社が用意した顧客へのお歳暮が余ってしまったので、

偶然、その場にいたから頂けたものだと思っていました。

これも働いているからこその恩恵のひとつ・

 

会社宛てのお中元やお歳暮もほとんどが

自由に飲んだり食べたりすることができていました。

 

前々職でも、たくさんの恩恵がありましたが、

この時は私がそれなりの立場にいたから、オーナーが気を使ってくれたもの。

契約、派遣社員はいませんでしたが、パートさん、アルバイトさんは

たくさんいたのに、ほとんどいいことはなかったと思います。

今、告白しても仕方ないけど、私ばかりで申し訳なかった・

 

聖書

 

私も退職し、この歳になったので、棚ぼた的なことは全く無くなりました。

その代わり、これからは神様がプレゼントをくださるでしょう・

 

 神のプレゼント 

あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。
エペソ人への手紙 2:8

 

今度釣りに行ったときに大漁が期待できるかもしれませんね。

何かタダで手に入ると嬉しくて堪らないケチケチオヤジでした。