若い人頑張れ!見下す管理職に負けるな!

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

最近いろんな場面で、やっぱり若者は凄いと感じることが

とても多くなってきたように思います。

当然、自分の若かった頃は・と比較してしまうわけですが、

テキパキと仕事をこなす現代の若者の姿が、

とても眩しくて、羨ましくなってしまいます。

 

さて、若かりし頃の自分はどうだったのか・

過去を振り返っても仕方がないことですが、

それなりに充実していたし、有頂天になって仕事をこなしていた頃もあったはず・

サービス業でしたから、常に客の立場に立て・とか、

エラそうなことばかりを部下にほざいていたように思います。

 

相手に与える印象なんかどうでもいい。

とにかく自分が指示する通りに動いてくれ・

そうすれば全てが順調にいくから・と、

自信満々を通り過ぎてアホ丸出しの田舎者でした。

 

間違っていても忠告してくれる人間は一人もいなかった。

いや、意見できないような雰囲気を作り出していたのかもしれない。

 

もっと遡って20代の頃は、

何を目標として仕事をしていたのかさえ思い出せない。

言われた仕事をこなすのが精一杯で、自分から成果を上げるなんて夢のまた夢。

将来役立つことを会得できたとはとても思えない。

 

どういう事情があったのか忘れたけど、

一日に7回も喫茶店に入ったのはなぜだろう・

単純にズル休みだったか・

 

 

 

 

現代の若者の接客や仕事のこなし方には感動します。

私たちが面倒くさそうな事を依頼しても、

嫌な顔ひとつせずに対応してくれるし、

全てにおいてそつがないのです。

笑顔で明確に答えてくれるし、助言もしてくれます。

 

もちろん全ての若者に当てはまるわけではないのですが、

自分の仕事に誇りを持っている若者は、

私たちの時代よりも数段多いように思います。

 

働く若者たち
photoAC様よりお借りしました>

 

政府は70代まで働ける環境を整えるように、企業に要請するとかしたとか・

でも政治家さんだって高齢者ばかりなのに、

どうして70歳が普通の企業で働けると思うのですか・

社長でも非常勤役員でも監査役でもない、70歳の一般嘱託社員が社内にいたら

絶対に邪魔になるだけだから!

 

自分はその立場になりたくないから、半年前に退職しました。

あの仕事を70歳まで?

無理に決まってますし、やる気もない。

 

役職だけで仕事ができると思っている管理職たちが

若い人には絶対にかなわない・と思えるようになれば

会社も成長していくでしょう・

 

部下を見下す管理職がいる限り、成長することはないとオヤジは思います。

 

 

 

 

入試が延期に、頑張れ受験生

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

爆弾低気圧も頻繁にやってくるので、JRの計画運休や学校の休校が

当たり前のようになってきましたね。

 

北海道では各地で雪崩が起きていて、

バックカントリーのスキーヤーが雪崩に巻き込まれ死亡したり、

国道で起きた雪崩に車が飲み込まれたという報道も数件ありました。

 

3日、4日と北海道では公立高校の入試試験 が予定されてましたが、

悪天候のために1日延期されることに・

 

JRが運休になっているところも多く、

希望校から遠く離れた地方の受験生は、前日には宿泊施設や親せきのところに

待機するなど、懸命に対処しているはずです。

しかし、そうもいかない子供もいます。

北海道教育委員会の公平さを保つための最良の判断だと思います。

 

 

 

 

地方」というとそんなに嫌な感じはしないのですが、

私が受験するときは「郡部」と呼ばれていましたね。

もちろん転勤族の私は郡部出身となるわけですが、

函館市内に住むだけでそんなにエライのか、かっこいいのか・

中途半端な高校でしたから、郡部でも渡島、檜山管内がほとんど。

 

 

受験生

 

 

同じ地方からたくさんの受験生、在校生がいる、

私立の超有名校とは大違いです。

あの全国的にも有名な「裸猿高校」・・?

昨年まで働いていたサービス業では、この学校が近かったおかげで、

入試の時になると2泊ほど宿泊する家族でいっぱいでした。

 

夏休み直前の文化祭の時もやっぱり家族で泊まって、

そのまま子供を一緒に故郷へ連れ帰る・というパターンでした。

 

やっぱり 有名私立校になるとお金持ちが多いみたいだ・

スタッフみんなで話していたのを覚えています。

 

チェックイン・アウトの時の親子のやり取りを見ていると、

教育ママ的だったり、いかにもマダムといった感じの母親ばかりで、

とにかく、学校の行事が第一で、何を言っても聞き入れてくれません。

そう、完全に舞い上がっているさまは異常でした。

 

もちろんすべてがそんな家庭ばかりではないはず・

地元・函館出身の学生も一生懸命に頑張って、

いまでは地元の名士になっている人もたくさんいらっしゃいます。

 

ポイ活でよくあるのが、

「学校での勉強はある程度のことを学んでおけば十分だ・・YES/NO」

・という設問ですが、絶対にNO!と声を大にして言いたい。

あれ程度、ほどほどでは絶対にダメだと思うのです。

できる限り、最大限の努力をしなければ豊かな将来はあり得ないのです。

 

典型的な中途半端男の私が言うのですから、間違いはありません。

努力すればたくさんの道が広がります。

目の前に広がる道はいっぱい、選択肢の選び放題になるのです。

 

変な話になっちゃいましたが、

年金受給者になった今頃になって、若かりし頃が悔やまれるオヤジです。