ヒマだから釣りのことばかり考える

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

一昨日、朝起きたら薄っすらと道路が白くなっていた・

いつの間にか消えてなくなりましたが、

4月も中旬になろうとしているのに驚きですね。

 

最近は 釣り のことで頭がいっぱいになっているようで、

なかなか寝付けない時も・

十数年ぶりの釣行は相当なストレスになっているようですね。

 

先日、病院の帰りに近くの埠頭へ行ってみましたが、

少し風が強かったせいか、釣り人の姿はいかにも初心者風の一人だけ・

ネットの情報ではこの埠頭でそれなりの釣果があったようなのですが、

私の場合、昔からこんな調子でした。

釣り新聞や人伝えに聞いた情報を当てにして行ってみたものの、

すでに時期が過ぎてしまっていて、うんともすんともアタリがない・

そんな 愚図な釣り人 とは私のこと・

 

磯釣り

 

一人でのんびりと釣るのが好きだから、混み合っている釣り場は避ける・

当然、混み合っている場所は魚が釣れているという証拠なのに、

そこを避けての大漁は期待薄なのですが、

自分一人だけの場所で3本のロッドに「一縷の望み」を託すのです。

大抵は裏切られますけど・

 

 

 

 

 

 

潮の香・・

懐かしくて、釣り人にはウキウキしてくる香りなのですが、

子供の頃にいじめにあっていた町の悪しきニオイ でもあります。

 

大昔の田舎漁師町のことですから、今では人間性も環境も生活スタイルも

変化していると思いますが、

年に1~2回ほど付近の国道を通るときには、どうしても懐かしく感じています。

でも、懐かしいけれど国道から町中に入ることは全くありません。

 

15~20年ほど前にひっそりと通り過ぎたことがありました。

子供の頃の話ですから、私も相手も顔なんか覚えていないはずなのに、

歩行者とは目を合わせないように、

あまりキョロキョロしないように、恐る恐る通り過ぎたのを覚えています。

また、石投げられたら嫌ですからね。

 

そんな漁師町ですが、釣りには絶好のポイントがあるのです。

でも、一生釣りに行くことはないでしょう。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ではありませんが、

町が憎けりゃ魚まで憎い!

 

 

 

 

人嫌いが生きていく術はネットを活用すること

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

日中は暖かいけど、夜明け前にはひとケタになる道南ですが、

着る物も、布団も一段薄くなった我が家です。

でも、厚くしたり、薄くしたり・と面倒な季節ですね。

 

もっとも衣替え一切をしてくれているのは、もちろん奥さんでして、

私なんか何一つ手伝うことができません。

ブログ記事を書いているヒマあるなら何か手伝え・って話ですね。

 

四季の移ろいがあってこその「日本」ですから、

面倒な衣替えの話は置いといて、桜や紅葉、白銀の世界など、

毎年繰り返していることを存分に楽しんでいきたいと思います。

あと何回、桜や紅葉を見られるかわかりませんから・

 

 

 

 

 

 

先日久しぶりに行った釣り具専門店

昔は毎週のようにお世話になっていた釣具店グループで、

この時行ったのは初めての店舗でしたが、

10数年前の釣具屋さんと何かが違うような気がしてなりません。

この店舗だけなのかもしれませんが・

 

海釣り

 

何年もご無沙汰していた釣りに対する私の感覚が、

今のご時世にマッチしていないのか・

当時の釣りブームも去ったせいか、陳列されている商品も、

まるで廃業した倉庫に並べているようで、

探しづらいし、棚と棚の間もスペース空き過ぎで

なんとも不思議な感覚に陥りました。

まるで田舎の道の駅で産直野菜を見定めているような・

 

釣り人特有の釣り情報を共有するために必要な行動ではありますが、

みんなエラそうで、自慢話ばかりで、私はキライです。

微妙に 常連さんしか受け入れないよ・ 的な雰囲気が充満していましたね。

誰が店員で誰が客なのか、

客を客とも思わない・

そんな店で買うなら、ネットで買ったほうがマシです。

 

現物見たって間違って買うことはあるわけで、

返品だってネットの方がよほど簡単ですからね。

 

世の中が劇的に変化したのか、私の人間嫌いが著しく増長したのか・

どちらでも構わないけど、せっかく行く気になった釣り人に

大漁を予兆する希望の光と情報 を優しく与えてほしいものです。