土用の丑の日にさんま蒲焼重を食べてみた

 

一昨日の7月28日は「土用の丑の日」でしたが

皆さんはうなぎを食べましたか・

 

夏の土用の丑の日は昔から重要な日で、

土用の期間が終われば立秋で、季節の変わり目から

体をいたわり精が付くものを食べるようになった。

そこで栄養豊富なうなぎを食べる習慣ができた・と思ってしまいますが、

別な説もあります。

 

 平賀源内説 

商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した

 

うなぎ自体はカロリー高めでご飯も一緒ですから、

相当、高カロリーな食事になりますね。

我が家では普段から奥さんが、

スーパーに価格も大きさも手頃なものがあると

うなぎ大好き人間の私のために買ってくれますので

特に土用の丑の日にはこだわりません。

 

土用の丑の日は私には悪夢のような記憶があります。

以前、30年近く勤めた会社のイベントで、

この土用の丑の日に特製うな重を販売していたのです。

1個1,000~1300円でしたが、

田舎都市ではうな重に興味がある人も少なく、

とにかく予約を受けることに必死で、

もうほとんど押し売り状態でした。

一般客はほとんどなく、取引業者や社員の家族など、

とにかくゴリ押しで、

社員には10個以上とかのノルマもあったはず・

 

2000個近いうな重を、

とにかく全社一丸で経理でもボイラーマンでも

UberEatsに早変わりでした。

配達はもちろん車ですけど・・

 

配達したのはいいけど、

食べようとしたらご飯だけで、うなぎがのっていなかった・と、

不思議だけれど、笑ってしまうような苦情もありました。

 

最後は作った数と販売した数を合わせます。

それがなかなか合わないのですよ。

簡単なことのようですが、

予約状況も配達の詳細も全て紙でしたから・

 

神対応ではなく、すべて紙対応

今思うと恐ろしい作業でした。

変更も電話ばかりで、言った、聞いていない・の連続で、

楽しくなかったし、苦しかった。

やっぱり悪夢のうな重です。

 

北海道と茨木県に展開しているコンビニ「セイコーマート」で

丑の日にうな重ではなく「さんま蒲焼重」を販売していました。

兄が頻繁に世話になっているコンビニですので、

セールストークを断り切れなかったのでしょう。

我が家も注文させてもらい、

初めてさんま重なるものを食してみました。

 

まあ、こんなものかな・

さんま重とペットボトルのお茶も付いて594円です。

来年はどうするか、微妙です。

 

60歳代ブログに参加中。応援していただけるとうれしいです。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

心臓のエコー検査の次は股関節の検査が必要かも・

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

自分の愚かな行為で股間にできた脂肪のかたまり(粉瘤)を

破裂させてしまったことは何度も書きました。

先月ずっと通院していた、その皮膚科が

循環器科も併設していることも書きました。

 

父が心筋梗塞を発症した同じ年代になったせいか、

心臓関連の記事や検診の検査結果にビクビクしている私ですが、

皮膚科最後の日に受けた「動脈硬化」の検査のときに、

医師から勧められた検査を受けてきました。

 

そんなに気になるのなら、

心臓のエコーを受けてみませんか?

 

この甘い誘いに、受けてみたい・と思ってしまうのは仕方ない。

心筋梗塞になりたくないのですからね。

 

この検査は心臓を下にして受けるものなんですね。

つまり左向きに横になっている私に、医師が腕を回して、

あのエコーの機器で胸をグリグリするわけです。

 

エコーは何度か経験していますが、

あの画像でよく診断できるものだといつも思います。

今回は診断しながら、モニターも見せてくれました。

 

これが心臓に4つある部屋のひとつです。

ここの数値も70あるので大丈夫ですね。

 

どれが?

なんの数値?

 

 

動いているのはわかりますけど・

さっぱりわかりません。

診断結果は

 

異常ありませんね。

動きが弱っている様子もありません。

エコー診断は絶対ではないですから、

気になるようなら、CTを撮ってみませんか?

 

 

ゲゲっ!

今度はCT?

 

もっと強く勧められたどうしよう・と頭の中でグルグル考えていたら、

 

もし、自覚症状があったり、健診で変化あったら、

CTを撮ってみましょう。

 

 

とりあえず、今回でなくてよかった。

先月の特定健診でもオプションで「血液で心臓の元気度がわかる」という、

検査も受けていますからね。

いずれも異常なしですから、来年の健診までは大丈夫でしょう。

あと1年はなんとか生きられそうです。

 

歳を取ると体のあちこちが壊れてきます。

いま、夜中に右脚がだるくなる症状があります。

奥さんが検索して見つけ出してくれたのが、

変形性股関節症」ではないか・ということ。

 

靴下が履きづらい、あぐらがかけない、足の爪を切れない・

この3つの点だけでも大当たり!

単純に肥満だから・と思っていたことが、病気の症状だったとはビックリです。

今はまだ鎮痛剤や湿布でなんとかごまかせていますが、

これ以上悪化したら、また病院のようです。

医療費の増加で我が家は火の車です。