加齢に伴う体の変化と物忘れや認知症の話

トイレ

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

やっと函館の気温も30℃近くまで上昇してきました。

ちょっと前まで、イマイチ暑さを感じることができずに、

私が厚めの布団を掛けているのに、横で奥さんが扇風機を使っている・

そんな状況が続いていたのを、

体質が変わった、老人の体質になったんだ・と決め付けていましたが、

この暑さでやっと私もCOOLの超薄い布団を

使うことができるようになりました。

 

歳は取りたくないものですね。

物忘れも激しくなってきたし、言ったこと、聞いたことも

忘れることが多くなりました。

 

私の悪いクセ・というか、だらしのないところは

何か一つのことすると、次のしなければならないことを

すっかり忘れてしまうこと。

 

今一番困っているのが、恥ずかしいけれど トイレ のこと。

賛否両論あるのが、男性のオシッコのしかた・

立ちションか座ってするか・なのですが、

私は座ってする派なのです。

 

最近、用を済ませた後に便座を上げて、

オシッコが便器からあふれていないか、床が濡れていないか・を、

チェックするようにしていたのですが、

その作業をしてホッとしてしまうのか、

蓋を閉めて、そのままトイレを出てしまうことがあるのです。

 

そう、水を流さずに、汚物を流さずに・

自分では完璧にしたつもりなのですが、

後から奥さんに指摘されるのです。

便座や蓋の開け閉めはリモコンで出来ますから、

不衛生なことはないのですが、

最後の最後に流さなかったら超不衛生ですからね。

困ったものです。

 

 

他にも同じように忘れることはいっぱいありました。

作業して、後から別のことをするつもりで道具まで用意しているのに、

そのまま道具もおきっぱで、

すっかりソファーでくつろいでしまうのです。

 

 

 

 

同じことを繰り返さないように、気を付けているのですが、

いつも次のことを忘れてしまいます。

 

認知症の始まりかもしれません・

父は毎日のように車のキーを探していたそうです。

同じところに置けばいいのに、毎日探していたとはね。

私も同じような状況になる予感がします。

 

いろんなこと忘れるけど、食事することは絶対に忘れない・

死ぬまで今の体重を維持しているかもしれない、

メタボリックシンドロームのオヤジです。