「怪奇現象」は効果的なキーワードなのか

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

数日前の記事ですが、

今は怪奇現象もなく穏やかに暮らしています」・・

 

 

この記事のPV(ページビュー)がなぜか前日の3倍の数値になっています。

伸び悩んでいるブログですが、

この3倍という数値になった原因はなに?

 

ありがたく涙が出てきますが、

PVは増えてもアドセンスの報酬はいつもと変わりません。

PVと比例してアップしてくれるといいのですが、

ブログ運営は難しいですね。

 

この日の記事を解析してこれからの運営の参考にしたいと思っていますが、

思い当たる要素は何ひとつありません。

 

その日は火曜日でしたがそんなこと影響するはずもありません。

キーワードプランナーから見つけた有効なキーワードを

掲載したわけでもないし・

知らず知らずのうちにSEO的に有効なことをしていたのでしょうか?

 

 

SEO

 

 

自分なりに思いついたのは、

怪奇現象」というキーワードです。

でも、ありふれたキーワードで、PVを3倍にするほど効果的で

威力があるとも思えませんけどね。

 

それなら・と毎日「怪奇現象」のことばかり書くこともできないし、

そんなに経験あるわけではない。

数日で煮詰まってしまうことでしょう・

 

 

小保方 晴子さんではありませんが、

 

「怪奇現象」はあります!

 

 

幻聴・幻覚と言われても仕方がないこともありましたが、

どうにも説明がつかない不思議な出来事もありました。

 

同じフロアーに5人ほどいたのですが、

私ともう一人だけが雷でも落ちたような轟音に飛び出したのですが、

他のスタッフは誰もその音を聞いていなかった・ということがありました。

 

まさに緊急事態発生っ!

いきなり火災報知器がなった時のように飛び出したのに

狐につままれたような二人でした。

 

 

 

 

火災報知機といえば、こんなこともありました。

当時の会社では隔日で夜勤をしていたのですが、

私の当直の夜ばかり火災報知器が鳴るのです。

 

いずれも機器の故障か誤報で済んでいたのですが、

発報した箇所が普段は鍵がかけられている婚礼用の写真室

この写真室は委託業者がカギを持っていて、

社員が開けることはできないことになっていましたが、

誤報も10回くらいになった時、

その委託業者の先代社長夫人が亡くなりました。

 

驚くことにそれ以降、火災報知器の誤報はまったくありませんでした。

きっと先代夫人が私を呼んでいたのでしょう。

写真室を~ あけてくださ~い

 

ちなみに反対番の夜勤者の時や日中は

一切報知器はなりませんでした。

 

他の人はただの偶然だと気にも留めてくれませんでしたが、

10回も誤報が続いた私にとって、

やはりただごとではなかったのです、

偶然ではありえない出来事ですから・

 

年月も経ちましたから、

いまはもう、このことを覚えているのは私だけですね。

 

怖い話はそろそろネタ切れです。