好きなドラマは主題歌も気になる

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

春から始まったドラマもそろそろ最終回を迎えるころになってきました。

いい歳してドラマか・と思わないでください。

それなりに私にも基準がありまして、

原作が漫画であっても

あまりにもコメディっぽいのや、漫画チックなのはものはNG。

 

コメディっぽくでも、しっかりと締める場面があること。

悲しいのはちょっと苦手で、

感動させたり、涙が出そうになるようなドラマがいいですね。

 

最近、見ているドラマでも深夜に放送されている、

吉田羊さん主演の「生きるとか死ぬとか父親とか」を

毎週楽しみになっています。

 

ラジオパーソナリティー・コラムニストと

多彩な顔を持つ主人公と破天荒な父親とのことなどを

題材にしているほろ苦い家族の物語です。

 

そのドラマに合わせたようなオープニングソングの歌詞に、

ドキッともしますし、恐ろしい気持ちにもなります。

 

高橋優さんの「ever since」で、

父親を傷つけたこと、時が経ったときの思いが綴られています。

 

♬ 強い言葉を選んでちゃんと傷つくように罵って部屋を出た・

  言葉が足りなくて平行線を辿る・

    放っておいてほしくて、優しい手 振り払った・  ♬

 

ドラマのようなMVがありました。

原作者ジェーン・スーや高橋優さんの実父が登場します。

ちょっと長いかもしれませんが感動します。

 

 

とても私にはできないことです。

言葉で父親を傷つかせるなんて、考えただけでも恐ろしい・

そんな私でも父の期待、信頼を裏切ってばかりいました。

でもこの歌、最後にはこう歌っています。

 

♬ 僕の何もかもがあなたを写している ♬

 

 

 

 

そのすぐ後に放送される江口のりこさん主演の「ソロ活女子のススメ」も

気に入っています。

深夜の番組ですから、そんなに気合が入っている様子もなく、

でも、何となく引き込まれていくのです。

現代社会を映し出した内容も新鮮ですが、

なんといっても悪人が出てこない、

ソロ活女子だけでなく、男子にも希望を与えるものと私は思って見ています。

 

工場夜景

 

一人で動物園へ行ったり、

おひとり様フルコースを挑戦したり、

工場夜景クルーズに参加したり・

 

大都会で暮らしていく苦しさも楽しさも、

一人だからと尻込みしないで、何にでも挑戦して見聞を広げるのです。

私も大昔に暮らしていた大東京・

このように楽しく、そして真剣に暮らしていけたら、

今頃は東京の人になっていたかもしれません。

 

いずれもテレビ東京の番組です。

いいですね、独自の路線をいくテレ東・

気に入っています。