高齢者に配慮したワクチン接種会場でした

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

北海道でも旭川函館

65歳以上のワクチン接種が始まった・と

TVニュースや新聞でにぎやかに報道されていました。

 

きっと初日だからマスコミがたくさん来ているのでは・と

警戒していたオヤジです。

誰も注目していないし、

テレビに映されても私だと気づかれるはずもないのに・

自意識過剰と奥さんによく言われます。

 

65歳になったばかりの前期高齢者の私を映しても

面白味がないですから、安心はしていましたが、

チラッとでも写されるのは嫌です。

 

駐車場に入った時に大きなカメラ抱えた数人のチームが帰っていったので、

ほっとして会場に向かうと、まだ数組のマスコミらしい人たちがいました。

すでに接種が始まってから1時間後でしたから、

ある程度の映像は撮れたのでしょう・

それでも接種後に重大な副反応を起こす人がいるかもしれない・

その瞬間を狙っているのか、

撮影しているわけでもないのに、

雑談しながらいつまでも帰らない人たちでした。

 

 

 

 

ほんとうは少しでもスマホで写真を撮れたら・と思っていたのですが、

いい歳こいて・と思われるのも嫌ですし、

ベルトコンベヤーに載せられているみたいに、

次から次へと進んでいくので、

スマホを取り出す余裕もなく、

 

体調は大丈夫ですか?

いままでアレルギーはありましたか?

それでは今日接種していってください。

 

このアバターのような若い医師ではなく、

凄い眼力のある高齢の医師でちょっとビビッてしまいました。

聞かれたことは問診票にあることばかり・

ここに医師がいる必要があるのだろうか・と思うほどでしたが、

それでも絶対に外せないのでしょうね。

 

新型コロナワクチン

 

そしてあっという間に接種ブースです。

事前に言われていたように半袖Tシャツの袖をまくって、

右利きですね?と念押しされて、

さあ、接種です。

 

・・・?

 

痛みは全くありませんでした。

ニュースの映像ばかり見ていましたから、

あの長い針を刺されると思うと多少の恐怖心はありましたが、

病院で採血されるような痛みもありません。

 

その後、私は15分待機を指示されましたが、

建物の最上階でしたので、窓の外の景色を堪能していたら

あっという間の15分。

看護師さんが時間経過を知らせてくれて、

何ごともなく退場となりました。

 

翌朝、報道されているように私にも腕の痛みがありました。

でも、鎮痛剤を服用するようなこともなく、

腫れや赤みもなく、体調変化も今のところありません。

 

奥さんからは

 

ワクチン接種受けて数日後に

亡くなった例もあるから要注意だね。
しばらくはウォーキングもやめたほうがいいよ。

 

ウォーキングコースはあまり人の通らないところ、

体調が急変したり、倒れたりしたら、

発見されるまで時間がかかるかもしれない。

そんなわけで1週間ほどはウォーキングを休みます。