自作のiPadホルダー 使い勝手が最高です

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

定年退職してはや半年・

今までに何度も書いてきた我が家の生活スタイルですが、

朝、目が覚めてもしばらくはiPadでニュースを見たり、

ぼんやりとウダウダしていることもありますが

5時起きがほぼ固定されてきました。

眠りに落ちるのは21時前後ですので、

6~7時間は睡眠を確保できているようです。

 

前期高齢者ですから、夜中にトイレに行くことはもちろんあります。

多い時には二度も・

そのあとが問題です。

ほとんどはすんなり眠れるのですが、

たまに完全に覚醒してしまうことがあって、

1~2時間位も悶々としているのはツラい・

 

我が家では42型のプラズマテレビが

リビングにで~んと陣取っているのですが、

テレビを見ることはほとんどありません。

毎朝、番組予約する時にスイッチオンするだけで、

後はそれぞれのiPadminiで番組や動画を見ています。

 

奥さんは Netflix が大好きで、アメリカドラマに凝っています。

私は録画した国内ドラマや吹替の洋画が専門です。

大好きなのは歴史物ですが、地デジではなかなかありませんね。

 

 

 

 

そんな状況なので、

夕食後にリビングのテレビを点けることはなく、

奥さんと私、それぞれのソファーに横になってiPadを見ているのです。

 

これなら布団に入っても同じだね。

もう寝よう・

 

就寝体制に入るのに外はまだ明るい・

びっくりしますか?

いくら高齢者になったばかりといっても、

まだ明るいのに布団に入っているのですからね。

 

最初はあまりにも時間が早い・と、多少の抵抗感もありましたが、

今の家に住んでから30年超・

非常識な夜のセールスが来たことはありましたが・

夜に友人・知人・親戚に強襲されたことはありません。

ですので、早い時間帯にパジャマになっても全く支障はないのです。

電話だったら布団の中でも大丈夫だし・

 

布団に入ってiPadを見るには

常にどちらかの手で押さえていなければならず、

30分もすれば腕がしびれてきます。

 

それをこの半年間は両腕を交互に使って、

しびれを解消しながら、眠くなるまでの数時間を過ごしていたのです。

 

以前から工作上手の奥さんは、

メルカリで届いた使い古しの箱などを使って、

両手をフリーにできるiPadホルダーを作成していました。

 

いいっしょ!

楽だよ~

作ってあげようか?

 

それを画面の角度が違う・とか言って拒否していたのに、

とうとう腕のしびれに耐え切れずに、

 

いいなあ~

私のも作ってください!

お願いします~

 

・と懇願してしまう始末です。

そして奥さんの助言をもらいながら私が作ったホルダーがこれ!

 

iPadホルダー

 

ベッドで寝ていた時は市販のiPadホルダーも考えましたが、

なかなか手頃なものが見つかないし、

やっぱりケチケチだから、もったいないと思うわけで、

結局ベッドで寝ていた時も、腕がしびれるのを我慢しながら、

横になってiPadを見ていたオヤジです。

 

これで両手がフリーになって、しびれることもなく、

寒い夜に腕を出して支えなくてもいいので、

これほど便利なものはありません。

 

最初から素直になっていれば、腕がしびれることもなかったのに・

どこまでケチケチで、面倒くさい男なのでしょうね。