ビジネスマンのタブーと老ブロガーのタブー破り

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

ビジネスマンが商談の時に使ってはならない会話が

宗教の話と野球のこと・とよく言われます。

 

商談前の雑談でも、交渉相手があるチームの熱烈なファンなのを知らずに

そのチームの悪口を言ったり、他のチームを絶賛したりすると

最悪の雰囲気になってしまうそうです。

そんな大人げない・と思ってはいけません。

ビジネスを甘く考えてはいけません、

こんなの当たり前、何でもまかり通る世界なのですから・

 

飲み会

 

よく聞く 今日は無礼講だ・という言葉も信じてはいけません。

こんなつまらない言葉を使う、上司も信じてはいけません。

この言葉を吐く段階で最悪な人間ですから・

時代劇ではありませんが、

この言葉を信じて、無礼討ちにされた人は多いと思います。

 

 

 

 

信仰的なことを書くだけで敬遠されてしまうかもしれませんが、

籍を置く教会もなく、日曜礼拝も守れない、

そんな不良クリスチャンの書くことですから難しいわけありません。

どうぞ気軽にお付き合いください。

 

聖書 とはどんなことが書かれていると思いますか・

ミッションスクールに通われていた人は

必ず 宗教 の時間があったと思いますので、聖書の中身はご存知でしょう。

 

私の場合は全く知らずに読み始めたので、

こんなものなのかと驚きました。

てっきり戒めのようなものを箇条書きにしている・と

自分勝手に想像していましたからね。

 

人生で初めて手にした聖書に感動するか、落胆するかはその人次第です。

読む進むにつれて嫌になってしまう個所がいくつもあります。

人の名前を次々と列記している系図のようなところは

もう読んでられない、今すぐやめようと思うのですが、

もうすぐ神が教えてくれる大事なことが

書かれているかもしれない・と思うとやめることもできません。

 

ここを乗り切れば、あとはドラマチックな場面がたくさん出てきますので、

ワクワクしながらハマりこんでいくことでしょう。

 

私が一番好きな聖句は御霊の実が書かれている箇所。

「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」

(ガラテヤ人への手紙5:22~23)

 

穏やかで寛容で柔和で自制心のある、

そんなオヤジに私はなりたい・

 

最後は 宮沢賢治風 になってしまいましたね。

雨ニモマケズ」のモデルになった人は

 斎藤宗次郎 さんというクリスチャンだったというのは有名な話ですね。