神の試練は必ず乗り越えられるのです

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

とっくに還暦は過ぎていますが、

干支を一回り以上したような実感は何一つないオヤジです。

まだまだアルバイト的な仕事なら働ける気もしていましたが、

定年退職して半年、もうその気も完全に失せてしまった。

 

何もしなくても2ヶ月に一度年金が振り込まれるのですから、

無理して働く必要もないわけで、どっぷりとぬるま湯に浸かっています。

こんな有難い状況に感謝しかありません。

まだ若いつもり・と見栄を張っても仕方がないことで、

いくらでも年老いたことを認めますよ。

 

この歳まで生きてくると、

いつか聞いたなぁ・とか、前に見たことあるなぁ・と思っても

確実に思い出すことができない無様さに愕然としてきます。

人の名前なんか全くと言っていいほど出てきません。

 

 

 

 

そんなオヤジでも今までの人生で様々なことがありました。

試練といえばかっこいいように聞こえますが、

自分が堕落していただけです。

 

白血病を告白した水泳の池江璃花子さんが言っていた、  

神様は乗り越えられない試練は与えない という言葉があります。

この言葉は聖書のことばです。 

 

 Ⅰコリント10:13 

あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。

神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。 

 

池江さん、見事に復活!

試練、病気から脱出することができましたね。

 

f:id:with_god0324:20181210061017j:plain

 

私自身も30年ほど前に8ヵ月も入院した経験があります。

大手術をしたわけではないのですが、

注射と投薬でひたすら安静にしなければいけない病気でした。

 

医者から病名を告げられたときは もう人生は終わった・ 

絶望的に思ったのを覚えています。

奥さんと子供はどうするか、仕事はどうするか、

そんなことを考えることもできずに即日入院させられました。

 

いま、思うことはこの病気も決して無駄ではなかったということです。

神様が与えてくださった試練で、

それからの計画が始まったように思います。

 

もし、この時に選んだ病院が違う病院だったら、

今頃この世にはいなかったかもしれません。

医者からいくつかあげられた病院の中から

自分が決めるように言われたのですから、

まさに人生の選択だったのかもしれません。

 

私がブルーテントで暮らすこともなく、

今こうして、年金を待ち焦がれ、ぬるま湯に浸かっていられるのが

神様の守り、導き、祝福なのです。