北海道民の気質について考えてみた

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

もうすぐ5月11日

函館のお祭りはこの日の函館護国神社例大祭から始まるのですが、

ここの例大祭も祭典は神社関係者だけで、

奉納行事は一切中止となっているようです。

 

この例大祭には渡島・檜山周辺の太平洋戦争の遺族会の人たちが慰霊のために

毎年参列しているのですが、遺族も高齢化して、

遺族会の存続も危ぶまれているそうです。

 

昔はこの時期でもまだ桜が咲いていて、

神社の境内にも宵宮から夜店が出て、結構賑わっていたものです。

そして必ずといっていいほど雨が降って、

戦死者のなみだ雨と言われていましたね。

 

そして5月11日は土方歳三箱館戦争で腹部に銃弾を受けて

絶命した日でもあります。

その後旧幕府軍は総崩れ、6日後には降参してしまいます。

旧幕府軍にはすでに降伏派が多数いて、

それらの意見を聞かず徹底抗戦する土方歳三を

降伏派が撃ったのではないか・という説まであります。

 

話は逸れましたが、

5月の函館は戊辰戦争、箱館戦争一色になるはずなのですが、

例年行われる箱館五稜郭祭も、記念式典、維新パレード、

人気の土方歳三コンテスト全国大会も中止になっています。

 

 

 

 

何から何まで中止ばかりでほんとうに残念ですが、

地方に住んでいるからこそ、コロナは怖いです。

そしてウィルスも怖いけど人の噂が怖すぎるのです。

 

自分が住んでいながら北海道民の気質がよくわかりません。

コロナに罹ったら、何を言われるか・

とても優しくしてくれるとは思えないのです。

もうこの家には住めなくなるかもしれません。

 

九州男児という言葉をよく聞きますが

一本気、逞しい、勇ましい等のイメージがあります。

さて道産子(どさんこ)にはどんなイメージをお持ちですか・・

 

道産子
これも道産子

 

以前、ブログタイトルの変更を考えた時に、

ひとつ浮かんだ案が「北海道が嫌いだっ」と結構激しいもの。

昔から思っていたことであって、

北海道が大好きだ・なんてとても言えないし、

どちらかというと、やっぱり嫌いです。

 

その「北海道が嫌いだっ」で検索してみると

意外とたくさんの人が書いています。

私自身は今まで生きてきた北海道と

青年期に暮らした東京を比較してしまうからでしょう・

 

東京が凄いわけでもないけど、

日本全国の人たちが集まって影響しあっているのに、

北海道の田舎に住んでいる人間は

みんな狭い料簡で、よそ者を受け入れる度量もなく、

ねちっこく独自のテリトリーから飛び出してみることもできない

 

食べるものが美味いし、雄大な大自然も魅力ですが、

道民の気質がどうにも中途半端で醜くて・・嫌いです。

だからといって私が、おおらかな性格で、

誰とでも親しくなれるわけもないけど、

自慢できる故郷とは言えないオヤジです。

 

何を書いているのかメチャクチャな文章になってしまいました。

すみません・・(大笑)