求職中のみなさん サービス業はGW休めませんよ

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

昨年まではゴールデンウィークといっても、

休むこともできずに、ただ忙しい思いをしていたのですが、

退職して半年、すでに懐かしく感じているオヤジです。

 

昨年はコロナ禍でもゴールデンウィークは営業して、

その後2ヶ月完全休業になった前職。

しかし、夜勤専門だった私は、普通に勤務していましたけどね。

 

誰もいない大きな建物の中の、片隅にある事務室で

それもたった一人で、デスクの真上の照明だけをつけて

ひたすらPCに向かっていたのも、人嫌いな私には心地よい時間でした。

たまに回ってくる警備員さんも鬱陶しいくらいで、

客はいないんだから、警備員さんの巡回数も半分にしてもらったほどです。

 

京浜工業地帯

 

さらにさかのぼって、前々職でのGWは地獄のような思い出しかありません。

自分の仕事が忙しいのは当たり前なのに、

観光地の中にあったために、建物の周りが大渋滞で、

自社の客の車を誘導することもままならない状態でした。

あの赤く光る誘導灯を使って、車の流れを止めることもありました。

交通誘導員みたいに・

 

ドライバーはみんな戦々恐々とした表情で、

譲り合いの精神はどこへやら・

道が合流する地点でしたから、みんな我先にと車を1㎝でも先に進めようと

躍起になっていたのです。

 

そんな混雑・渋滞ですから、やっと本線に乗ったとしての

ノロノロで目的地までさらに2時間もかかる始末です。

それでもご当地最大の観光地ですから、

じっと我慢してその感動の時を待つのです。

 

 

 

 

何でも昔の話ばかりですが、

現代のようにメールインターネット予約がなかったので、

観光、宿泊、飲食施設に予約するときは電話予約しかありませんでした。

 

事前には予約できなかった人たちが、

当日キャンセルを当てにしてかけてくる電話が物凄かったのです。

最大に混雑するのは毎年5月3日、電話は一日中鳴りまくっていました。

かけてくる方も、片っ端に電話をかけているせいか、

申し訳あり・・”と言っただけで、ブチっと切られてしまうほどでした。

 

嫌な思い出しかないゴールデンウィークですが、

そんな過去の情景も徐々に薄れてくることでしょう・

薄れてくるのか、記憶がなくなるのかわかりませんが、

今年からはゴールデンウィークも平日もなんら変わらない毎日です。

当たり前のことですが、本当に感謝しかありません。

 

コロナがなければ、サービス業のゴールデンウィークは地獄です。

これから仕事を探される若い人、

ゴールデンウィークは休めないし、忙しい・

その点も十分に考慮してくださいね。