東京の桜とLINEモバイルの話

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

4月に入って、東京の桜はもう散ってしまったと思いますが、

一昨年の皇居春の一般公開の時も、

さらにその数年前、お義母さんも一緒に行った時も桜の時でした。

東京だヨおっ母さん~

 

このフレーズを知っている人はかなりのご高齢とお見受けします。

私もなぜ知っているのかわかりませんが、

これが歌のタイトルなんですから驚きますね。

 

千鳥ヶ淵の桜
千鳥ヶ淵の桜

 

以前から行きたかった泉岳寺東京宝塚劇場をメインに

2日目にはとバスで通った千鳥ヶ淵の桜がそれはそれは見事で、

東京は何もかもが凄いと再実感したのを覚えています。

 

こんな時は地元に帰ってからも桜を見られます。

2度おいしい~ もどこかで聞いたフレーズですが、

いまだコロナ蔓延中、今年も車窓から見られるだけでも良しとしましょう。

北海道の桜はまだまだ、道南の開花予想日は4月25日です。

 

 

 

 


 

 

私たちが使っているのはLINEモバイルですが、3月いっぱいで

新規申し込みを終了しています。

4月からLINEMOに変わるとかで話題騒然となっていますが、

以前から契約している利用者は変わらずに使えるらしい・・

 

LINEモバイル

\サービスは継続/

LINEモバイルをご利用中の皆様は、3/31(水)以降も、引き続き現在の契約内容でご利用いただけます。

また、LINEモバイルをご利用中の皆様を、お客様の同意なくソフトバンク社の新プラン等に強制移行することはありません。

 

でも、ソフトバンクの完全子会社となってしまうわけですから、

親会社の今後の動向が気になるところです。

ソフトバンクグループ傘下には本家のsoftbankY!mobileLINEMO

なるわけで、それでも細々とLINEモバイルを継続してくれるのだろうか・

 

強制的に移行はしないとありますが、我が家にあるガラケーも

20241月に3Gを終了する・と脅しのようなメールや

4G対応の新しいガラケーを買えとばかりに

何度もDMが送られてきていることを考えると、

将来、LINEモバイルを消滅させて、LINEMOに統合することだって、

無きにしも非ずです。

 

条件が変わらなければ、私たちは一向に構いませんが、

どうにも疑い深いオヤジでして、このまま継続できることを願うばかりです。

 

 

 

 

東京にいた2年前の今日、もっと時間があったら・

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

今日から4月・

年金生活者になって「新年度」は全く縁のないものとなりましたが、

それでも何となく気になるのか、こうしてブログのネタにしています。

 

自分が現役で働いていた時の「新年度」よりも

子供の頃の「新年度」 のほうが印象深いものがあります。

親の転勤があるかもしれない、もし転勤が決まれば、

また新しい、知らない土地に行かなければならないわけで、

滅多に転校生のいない田舎では常に注目の的になるのです。

 

何度も書きましたが、いじめの対象になりやすいし、

田舎町では子供だけでなく、その親までもが好奇心たっぷりに、

あれが転校してきだやづが?

 

小さな町のほとんどの人が、私の家族の動向をこっそりと伺っているようで、

どこで誰に何を見られているかわからない状態でした。

そんなわけで「年度末」が気になる人間になってしまったようです。

 

 

 

 

 

 

一昨年の4月1日 は新しい年号が発表される日でしたが、

まさに発表されようとする時、私たちは皇居前の広場にいて、

皇居乾通り一般公開の荷物検査に並んでいた時に「令和」を知りました。

 

毎年ニュースで見る東京の ですが、一度行ってみたかった皇居の通り抜け・

人ばかりで桜の強い印象はありませんが、

宮内庁の建物をみられただけでも良かった。

 

千鳥ヶ淵も歩きたかったのですが、残念ながら時間切れ、

そのあと、渋谷に行ってから、羽田から帰る予定でしたから・

 

この時、羽田に向かう前に増上寺にも寄りましたが、

若い頃、門前を何度歩いたことか、何度車で通り過ぎたことか・

徳川家の菩提寺・と知っていたのか、知らなかったのか、

いずれにしても田舎育ちの愚か者には全く興味がなかったのでしょう・

境内に入ってみようと思うことすらなかったのですから・

 

増上寺
桜の増上寺

 

上野公園も散策して、桜を見るだけじゃもったいない。

定年退職したので、時間はたっぷりありますから、

格安の宿を取って、じっくりと一日かけて、調べてみたい上野公園。

 

ここにも徳川家の菩提寺「東叡山 寛永寺」があります。

事前申し込みで徳川慶喜が謹慎させられていた「葵の間」や

将軍の御霊廟を見ることができるようです。

将軍15人のうち6人が寛永寺に、先ほどの芝増上寺にも6人、

家康、家光、慶喜は別の場所に祀られています。

 

20代に暮らしていた東京なのに、当時は桜には全く無関心だったようです。

桜だけでなく、名所旧跡には目もくれずに暮らしていたのが、

いま考えるともったいなくて、もったいなくて・