春うららとハルウララのこと

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

すっかり「春うらら」ですね。

雪融けも一気に進んで街の中には全く雪は無くなったのに、

我が家の横にはまだしつこく残っています。

除雪した雪山ですが、あと2~3日で完全に消滅しそうです。

市内各所にあった排雪場、恐ろしいほどに真っ黒な山になっていて、

完全の消滅するにはあと半月以上もかかりそうですね。

 

春うらら

 

3月~4月にかけて忙しいことばかりですが、

新入社員や転勤する人や進学、進級などの人ばかりではありません。

誕生日ではなく年度末で退職する人も大勢・

働いている時には、「年度末」というだけで焦っていたような気がします。

 

サラリーマンだけでなく、働く人たちすべてに関わってくる「年度末」・

公務員や民間企業の一部では年度末手当とか決算手当というものが

支給されるそうですね。

羨ましい~、年金生活者には縁のないものとなりました。

 

 

 

 

 

 

春うらら・・いい言葉ですね。

いままではこんな落ち着いた、のんびりした感覚になることはなかった。

やっぱり、完全にリタイアしたのがよかったのでしょう・

 

昨年の花見は新型コロナの影響で車窓からの桜を眺めるだけでしたが、

まだコロナは続いているので、今年も同様でしょう・

でも心から春うらら・と思えるなんて幸せですね。

 

私が「春うらら」で思い出すのはこの曲です。

 

 

1976年にリリースされたフォークシンガー田山雅充さんのソロデビュー曲です。

私も青春真っただ中でよく聴きました。

歌詞をじっくり聞くと、春うらら・というより、

まだ雪深いイメージを受けるのは私だけでしょうか・

 

こんな春うららもいましたね。

そう、「ハルウララ」・

元高知競馬場所属で 通算成績113戦0勝

勝てない!勝たせよう!・ と大ブームになりましたね。

 

話題になったのが2003年・

そして翌年には中央競馬のあの武豊騎手が騎乗してさらに話題を集め、

高知競馬場初の入場制限も行われたそうです。

 

当たらないから・と交通安全のお守りになったり、

映画、CD、書籍やたくさんのグッズが作られ、

競馬場の売り上げだけではなく、かなりの経済効果を生み出したようです。

 

引退後は繁殖生活の話もあったようですが、所有者も二転三転し、

いまは千葉県の御宿町の牧場で余生を送っているようです。

 

のんびりと「春うらら」を楽しんでほしいですね。