がまんできず耳鼻科を受診 鼓膜を切開することに・

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

前回、耳鼻科を受診してから10日以上経っても改善しない滲出性中耳炎

右耳が詰まった感じになっているのが当たり前の状態に・

寝ながらiPadを見るときはいつも右耳を下にしているのですが、そのせいか?

だから治れないのだ・と言われそうで医師にも聞くに聞けない。

 

今回の薬は全くと言っていいほど効きませんでした。

初めて受診した時は4~5日で効果が表れたのに・

一度目は点鼻薬と一日2回の薬も合わせて処方されていたのに、

今回は朝昼晩の3回服用する薬のみなのです。

効果があった薬は一日2回のやつなんじゃないか・ と疑心暗鬼になってしまった。

 

 

 

 

 

 

毎日、そんな憂鬱な気持ちでいるよりも、

思い切って、鼓膜を切開してもらおう ・と決めました。

薬は3週間分出されているけれど、2週間経っても改善しないのだから、

あと一週間待っても意味ないでしょう・

 

耳、聞こえなくなっちゃうから、早く行ったほうがいいよ。

 

いつもこうなんです。

自分では決心できなくて、奥さんの一言で動き出すことが多いのです。

情けないけれど、それでもいいじゃないですか・

自分で判断すると失敗ばかりするダメオヤジですから。

 

ちょうど奥さんが眼科を受診する日に合わせて、私も行ってきました。

そして予想通りになりました。

 

やっぱり薬では無理のようですね。

切開しましょう、痛くないですから・

 

奥さんがネットで調べていてくれたので、多少の知識はありましたが、

麻酔のかけ方が珍しい・

耳の麻酔

 

右耳を上にして横になる。

耳の中に薬剤を注入し、まるで電気のテスターみたいな器具で、

赤いコードを薬剤の中に、そして黒いコードを右肘のあたりにセットして、

徐々に電流を流していくこと12分・

それで麻酔が効いてくる・・

驚きましたね、耳の中で化学反応がおきているのか、

プチプチと沸騰しているような音がしていましたが、

別に熱いわけじゃないから沸騰はしていないと思うけど

面白い体験をさせていただきました。

 

再度診察室に呼ばれ、ここで鼓膜を切開するんだ・と不安になりましたが、

手術?自体は、切開して溜まっていた水分を

バキュームのようなもので吸い取って3分ほどで終了。

 

一週間後に再診してもらうことになっていますが、

余計なことを聞いてしまいました。

 

右耳を下にして寝たらダメですか?

お風呂とかは?

 

全く普段と変わらない生活を送っていいそうです。

特に大きな絆創膏を張られているわけでもないし、

切開され、水分を吸い取られた後は何も処置していないのです。

 

元々鼻が悪い家系なので、再発が心配です。

今まで鼻を診てもらった病院はたくさんあります。

でも、結果はどこも同じで異常なし・

今回の医師もいちばん最初に言ったのが

 

耳が悪いと言われたことないですか?

 

だから、鼻が悪いんだって・

でも、来週鼻のレントゲンを撮ってみると言ってくれました。