スターダストレビューと吉田拓郎さんの話

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

今日は3日は桃の節句「ひな祭り」・

昔、釣りに凝っていた頃によく歌っていました。

 

♬ 今日は楽しい ヒマな釣り ♬

 

毎年書かなくては気が済まないオヤジギャグですが、

今日の記事はひな祭りとはまったく関係ないのであしからず・

 

 

先日録画していたNHKのSONGSを観ていて、

なぜか頭を殴られたようなショックが全身を貫いた歌があります。

もちろん今までも知っていた曲だし、アーティストも知っています。

それなのにこの時に限って・・

 

スターダストレビュー 「木蘭の涙」です。

 

 

 

♬ 幾度目かの春の日 あなたは眠る様に 空へと旅立った ♬

 

28年前にリリースされている曲で、

CDなどは購入していませんが、歌番組で何度も聴いているのに、

私の心には届かなかったのでしょうね。

突然の衝撃に何度も聴いてしまった、自称音楽好きのオヤジです。

 

オリジナルとアコースティックバージョンがあるようですが、

この動画はアコースティックバージョンです。

オリジナルは歌詞の内容にしては賑やか過ぎる印象を受けますが、

どちらも本当にいい歌です。

 

 

 

 

私が初めてギターを買ったのは高校生の頃でした。

高校1年の文化祭のときに初めて聴いた吉田拓郎さんの「イメージの詩」に

衝撃を受けたのがギターに興味を持った最初の出来事。

それからは拓郎さん一筋でフォークソング全盛期を駆け抜けてきたオヤジです。

 

拓郎さんのラジオの深夜放送がある日は大変でした。

うろ覚えですが、01時~03時まで放送の

TBSラジオ「パックインミュージック」を担当していたこともあったはず。

当然、翌日の学校では居眠りばかりで、ぐうたらな高校生でしたね。

 

拓郎さんがKinKi Kidsと共演した『LOVE LOVEあいしてる』

毎週楽しみにしていました。

今、KinKi Kidsの二人が上手にギターを操っていられるのは

この番組で拓郎さんの指導があったから・

 

吉田拓郎

 

最近よく気になるのがテレビの歌番組で

アーティストが持つアコースティックギターのことです。

汚れや手あか、塗装の剥がれ など気になることばっかりです。

どんなに愛着があるギターか知りませんが、

ストリートミュージシャンから這い上がってきた人たちが、

押しも押されぬ大物になったのに

いまだに塗装の剥げたギターを使っているのに幻滅してしまいます。

 

拓郎さんのライブもリアルで何度か観ましたし、

DVDやWOWOWでも観ましたが、

手にした ギターに汚れがあったことは一度もありません

 

単純に考え方の違いといえばそれまでですが、

アマチュア時代から使っているから、最高にしっくりくるギターなのでしょう・

でも、照明が当たったときに浮かび上がる手あか、汚れは

アーティスト本人の未熟さを気づかせてしまう結果になると思います。

 

アシスタントの人にでも、必ず照明を当てて確認をしてほしいと

いつも思っているお節介なオヤジでした。