「65歳からの仕事探し」をするつもりはない

履歴書

[temp id=2]

 

昨日からの続きのような話です。

 

勤め人としての人生は完全に終わってしまったわけですが、

私自身がサービス業に向いていたのか、それは今もわかりません。

資格をとって、もっとスキルアップしようと思ったこともないし、

自己啓発に取り組もうとしたこともありません。

ただ、ただ、その時に与えられた仕事を夢中でこなしていくだけでした。

いや、人生に振り落とされないように

夢中でサービス業にしがみついていただけかもしれませんが・

 

しかし、そんな向上心のない人生を歩んできたけれど、

今、かろうじて年金生活が送られていることに感謝しかありません。

どんな内容でも長年勤められただけでも本当によかった。

 

雀の涙程度の年金でもありがたいことです。

そんな雀の涙でもなんとか日々暮らしていくことができていますから・

もし、十分な年金が支給されていなかったら、こんなにのんびりしていられません。

高齢求職者一時金も受給できたかどうか・

65歳過ぎても必死に仕事を探していることでしょう。

ブログタイトルも「65歳からの仕事探し」と変更していたかもね。

 

履歴書

 

 

そんなわけで今はPCiPadに向かっているだけで

 

あっという間に一日が過ぎていきます。

だからといって、

昔、ハマっていた釣りにでも行ってみようか・という気持ちにはまったくなりません。

用意するだけでも面倒くさくなってしまったし、お金もかかるし・

 

きっと一度でも行けば吹っ切れると思うのですが、

今はお義母さんとの生活に悩み苦しむ奥さんを、

放っておくわけにはいかないのです。

私が一人で魚釣りにうつつを抜かしている場合ではありません。

 

まだ3ヶ月、

働いていた時の休日とほとんど変わらない今の生活ですが、

精神的には全く違います。

社内の人間関係や終わってしまった業務を後悔したり、

客とトラブルを思い返す必要も、

嫌な予感がする・と目には見えない何かに怯えることも全くなくなりました。

 

つまり働いていた時のようなストレスはありません。

夜、眠れないこともないし、食欲が落ちることもない・

 

お義母さんとのことは全く別問題と思っていますから、

いろいろ考えていても、得体の知れないストレスとは思いません。

 

これから先も人生、私の日々が大きく変化するのはどんな時なのか・

少し怖い気がします。

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA