還付金を期待していた確定申告だったのに・ 

源泉徴収票

[temp id=2]

 

前職の正式な退職日は12月10日でしたので、

年末調整はなく、自分で確定申告をしなければなりません。

サラリーマンの確定申告って面倒くさそう・と思われる人が多いと思いますが、

オンライン申告は終わってみれば拍子抜けするほど簡単なんです。

 

10万円の特別給付金の時に、マイナカードカードリーダーなど

オンライン申請に必要なものを揃えた人は、

もう確定申告なんか怖くないし、面倒なこともありません。

税務署で長時間待たされることもないし・

 

霞が関では2度目の特別給付金も囁かれていたのに

あの太郎ちゃんが

するつもりはない」と完全否定しました。

私も「自民党に投票するつもりはない」・けどね。

 

それでも将来のために準備万端整えておくべきと私は思います。

 

カードリーダー

 

我が家では医療費控除も忘れないように病院の領収書はもちろん、

ドラッグストアで購入した市販薬の領収書もしっかりと記録しています。

 

国税局のホームページでは

医療費集計用フォームをダウンロードすることもできるのです。

なかなか親切な国税局ですね。

 

 

私の場合は給与所得公的年金だけですから、

どちらも源泉徴収票があり、あっという間に終えることができました。

 

じっくり源泉徴収票を見ることなんかあまりなかったのですが、

昨年度はコロナの影響もあって、残業も少なかったし、

収入は結構減少したように思います。

 

収入も少ないけれど払った所得税も少なかったので、

還付はほとんどないだろうと思っていましたが、

入力を始めてから気が付いた・

今年の7月からの年金が満額支給になったことを・

 

昨年までは雀の涙ほどの特別支給の老齢厚生年金でしたから、

さほど影響はなかったのでしょう・

でも、今回の公的年金の源泉徴収票をじっくり見ると、

結構な支給額になっているではないですか・

 

我が家のお金のことは一切関知していないし、通帳も見ることないし、

総資産はいくらかも全く知らないオヤジです。

資産なんかあると思っていませんが・

 

私に教えてしまったら2日で財産無くなると言う奥さん。

確かにその通り、私も知らないでいた方が

気楽で呑気な老人になってしまったようです。

 

源泉徴収票

 

さて、ほどなくしてはじき出された還付額は・・・

 

納付額は12,900円です。

 

なぬー、

還付ではなく納付とは!!

いい気になってオンライン申告しましたが、

そのまま知らんふりしていたほうがよかったのかな・

 

いまさらジタバタしてもしょうがない。

先日外出した時にコンビニで納めた優良納税者です。

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA