明日は我が身 後悔しないように暮らしていこうと思う

MRI

[temp id=2]

 

先日、東京の友人から、

奥様が体調を崩して入退院を繰り返しているとLINEがありました。

 

明日は我が身だよ、奥さんを労ってあげるように・と、

忠告されたばかりなのですが、

奥さんの眼科を受診した時の中途半端な診断のせいで

セカンドオピニオンを受診することになりました。

 

最初の病院の検査技師さんの言ったように斜視が見られるということで、

医師よりも技師さんに軍配が上がりました。

検査技師さん、すごいですっ!

 

しかし、セカンドオピニオンでは眼自体の異常よりも、ほかの原因も考えられるから、

甲状腺糖尿病脳外科で詳しく調べるように指示され、

紹介状も2通用意してくれました。

 

さすが最初の眼科より何倍も大きな眼科病院ですから、

診断にまちがいはないと思いますが、

これからいろいろ詳しく調べて、斜視の原因を探ることになるわけです。

 

本人はもう悪いほうに、悪いほうに・と考え込んでしまっているようでしたが、

入院とか、余命宣告受けるような病気ではないので安心です。

糖尿病が悪化すると失明するという話はよく聞きますが、

素人には甲状腺も眼に影響するのか・と驚くばかりです。

 

MRI

 

一昨日、意を決して内分泌科と脳外科を受診してきましたが、

脳外科の方はMRI脳波、エコー、レントゲンなど検査した結果、

脳には全く異常はない・と医師のお墨付きをいただきました。

 

甲状腺と糖尿病の病院でも多分影響はないだろう・という医師の判断でしたが、

血液検査の結果次第で連絡をくれるということでした。

 

それでは斜視の原因は何なのか・

 

斜視を矯正するためにメガネを作ることはできるけれど、

高価なメガネを作っても、さらに斜視が悪化する可能性もあるらしい・

それが一週間後かも・

せっかく作っても無駄になってしまうわけですから、

やっぱり原因を根治させたいと思うのです。

最終的には手術ということも選択肢のひとつですが、

それはもっと先のようですね。

 

あとは奥さんの判断に任せるしかありません。

一時的に斜視を矯正することができる、

レンズに張るシール状のものがあるそうなのですが、

それも摺りガラスのように見えたり、曇りやすいとか、

さらには片目のレンズで1枚7,000円もするそうで、

デメリットが多すぎるのです。

 

某格安眼鏡店でも斜視用のレンズを用意しているそうですから、

それでもいいかな・と思い始めている奥さん・

眼科2軒、脳外科、内分泌科病院で相当な費用が掛かっていますから、

躊躇するのもわからなくはありません。

 

斜視だけど体のどこが悪いのかもしれない・と疑った眼科医、

しかし、依頼を受けた内分泌科、脳外科の医師は異常はない・という。

 

さて、どうする、奥さん⁉

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA