男気を感じる検査技師がいてもセカンドオピニオンに行ってみる

メガネトライアルキット

[temp id=2]

 

新しいメガネを作りたい

 

・とずっと前から言っていた奥さんですが、

メガネ店で視力などを計測してもらうのではなく、

しっかりと眼科で処方箋を出してもらって

作り直すことにこだわっていたのです。

 

先週、お義母さんのデイサービスの日に、

私が通院している眼科病院に行くことができました。

 

私が白内障を疑われた時のサードオピニオンとして受診した眼科病院ですが、

月に一回ほど白内障予防のために今でも通院しています。

 

https://hakodatenews.site/entry/2020/06/26/050012

 

面倒くさくなく、よく3軒も眼科に行くね・と思われるかもしれませんが、

1軒目と2軒目の判断が違ったために3軒目に行くしかなかったのです。

まるで地裁から高裁、そして最高裁の判断を仰いだようなもの・

 

皆さんも中規模の病院で重大な病気を宣告されたら、

きっと大病院で再検査してもらうと思います。

その最初の医師の判断を信じることはできますか・

 

メガネトライアルキット

 

話は奥さんの検査の時のことですが、

担当してくれた検査技師さんが、今までに見たこともない動作をしていたので、

待合室から見ていた私も不審に思っていたら、

検査を終えた奥さんが戻ってきて、

 

斜視 になっているんだってさ~

びっくりだねぇ・

 

乱視がきつくなっているとばかり思っていたので、

斜視と聞いてちょっと驚きました。

次は診察ですが、医師はどのような判断をするのでしょうか・

 

診察が終わって戻ってきた奥さん・

 

斜視でないってさ・

乱視の軸がズレているんだって・

 

医師は斜視でないという、

さて、どうなるのでしょう・

 

再度、検査技師さんに呼ばれた奥さんが聞いてきたことは

 

先生は斜視でないって言っていたでしょ?

でも、先生の指示するレンズだと何も変わらないでしょ・ 

 

斜視用のレンズを入れてみますね。

くっきり見えるでしょ?

 

斜視に間違いありませんので、

先生の指示した処方箋は出しません。

 

医師と検査技師との微妙な関係を知る由もありませんが、

この検査技師さんの自信と確固たる信念に感服しました。

 

いくら医師でも間違っている処方箋は出さない・と主張する技師・

このあと、どんな会話や議論が行われたかわかりませんが、

男気を感じる検査技師さんでした。

今度、私が受診する時にもちゃんといてくれるといいのですが・

 

この病院で結論が出なかったので、

やっぱりセカンドオピニオンが必要なようです。

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA