紅白歌合戦が見られなくても構わない | 北海道の田舎発大都会向けニュース

NHK紅白歌合戦は見逃したけれどYouTubeがあるじゃないか

今の自分が思っていること

 *にほんブログ村       <参加テーマ>   ●節約ライフ                          にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ    ●ライフスタイル・ライフ・暮らし・生活 

 

 

 

NHK紅白歌合戦を録画できなかったことは先日書きました。

 

ホームページを確認しましたが再放送はしないようですね。

やっぱりNHKオンデマンドNHKプラスがあるからでしょうか・

 

オンデマンドはまるごと見放題パックだと990円・

8日になったら個別で購入できるようですが、

一週間も経ったのでもう見なくてもいいかな・と思っています。

違法ですがYouTubeでもそれなりにアップされていますから、

細切れでも十分に楽しめると思います。

 

曲の合間のNHK的な笑えないコントは見たくもない・

ただ北海道民としては大泉洋さんの司会ぶりが気になっていましたが、

ちょっと暴走した、来年はない・という評価がでていますね。

誰でも引き込んでしまうトークの達人です が、

国民的NHK紅白歌合戦には不向きだつたのかもしれませんね。

紅白

 

夕食時に見ていた裏番組、

 

テレビ東京年忘れにっぽんの歌もそれなりに面白かったですね。

まさに昭和のNHK紅白歌合戦という感じでした。

お義母さんは紅白歌合戦に落選した人が出る歌番組だ・と言っていましたが、

まさにその通りで、私たちの年代には会話に花咲く面白い番組でした。

なんでも歳のせいにしてしまいますが、

ジャニーズ系や坂道グループを見ても会話が弾むことは一切ありませんからね。

 

年末には筒美京平さんの追悼番組がとても多かったですね。

そして必ず取り上げられていた楽曲がこの曲でした。

太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」です。

 

 

45年前の曲ですが、私たちの年代にはいまだに新鮮に思えてしまいます。

田舎から出てきた若者が都会に染まってしまうという単純な歌詞ですが、

昔の自分に当てはめてしまうのが心地よいというか、怖いというか・

 

私は結局、都会には染まらずに帰ったのですが、

染められなかったのではなく、馴染めなかったと言ったほうがいいですね。

典型的な田舎者でしたから・

 

筒美京平さんとは関係ない楽曲ですが、この歌も強烈な印象を持っています。

森田童子さんの「僕たちの失敗」という曲です。

 

 

アングラ系のシンガーソングライターでしたが、「木綿のハンカチーフ」と同時期に

シングルレコードが発売されています。

しかし、10年後、本人もすでに引退していたのですが、

テレビドラマの主題歌に使われ、思いがけないリバイバルヒット

でも、本人は復帰することはありませんでした。

 

70年代後半から80年代前半の大都会・東京の殺伐とした中で

若者がもがき苦しんでいる光景が

まざまざと私の脳裏に蘇ってくる、そんな曲なのです。

 

眠れないときにYouTubeで聴くと、

いろいろと昔のことを思い出して、余計に眠れなくなってしまうし、

気持ちも落ち込んでくるので取り扱い注意の曲ですね。

 

 

 




 




コメント

タイトルとURLをコピーしました