コロナ禍と 寒波で迷う 初詣

[temp id=2]

 

新年あけましておめでとうございます。

 

年末寒波 に見舞われている道南ですが、

恐れていたほどの大雪でもなく、本当に助かっています。

 

毎年のように普通に新年を迎えられて我が家ですが、

一昨年の夏以来会っていない 息子 のことがちょっとだけ気がかりです。

 

私たちと同じクリスチャンですが、

受洗した時期もその後の学びも、私たちとは比べ物にならない先輩クリスチャンで

きっとクリスマスから新年と忙しく楽しく教会で過ごしていることと思います。

 

昨年もなんどか挫折を味わいそうになったようですが、

立ち直りも早いのが彼の長所です。

ずっと親が心配していたのに、

本人はとっくに回復していたということもありました。

彼は Facebook を多用しているので

その 友達 からこっそりと息子の情報収集をしています。

 

 

年末年始の 帰省自粛 をあれほど要請していても、

都会で一人は寂しすぎるのでしょう、若者中心に帰省した人が多いと

ニュースで伝えられていました。

 

帰省前に PCR検査 を受けて 陰性 だったから帰省を決断したとしても、

都会では人混みの中を歩くし、電車だって危ない・

飛行機や新幹線も100%安全とは言えないわけですよ。

 

帰省してしまったら、

決して田舎だから安全だと思わずに過ごしてほしいですね。

日本全国で感染者が確認されているのですから・

 

田舎の 初詣 も意外と危険かもしれませんね。

地域の人が多く、感染予防も徹底されていないような気がします。

賽銭箱の前にある鈴を鳴らす 鈴緒 も誰が触ったかわからないし、

その都度消毒されているとは思えない。

地元の氏子の人たちはマスクなしで酒を飲み交わしているかもしれません。

 

初詣

 

そういう我が家も今年の 初詣 はどうしましょう・

 

三が日のいずれか天気の良い日に

お義母さんを連れて地元の神社に行くのが例年のことなのですが、

道南もまだまだ新規感染者が確認されていますからね~

 

カナンがまだ元気な時には獅子舞に頭を噛んでもらったことがありました。

動物にもご利益があるのですね。

懐かしい思い出ですが、もうすぐカナンの命日、

あの匂いを思い出すと悲しくなります

 

お義母さんにとって初詣は必要なことなのでしょうか・

はあまり信じていないようだけど、

仏・ご先祖 は大事にしているような気がします、私の勝手な推測ですが・

 

4日の月曜日から仕事を始める人も多いと思いますから、

この日がいいかもしれませんね。

 

そして有名店の どら焼き を買って帰るのが恒例行事です。

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]