志だけは高く持ち続けたい | 北海道の田舎発大都会向けニュース

通勤時の運転で地元や世間を知ることができたのに

今の自分が思っていること

 *にほんブログ村       <参加テーマ>   ●節約ライフ                          にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ    ●ライフスタイル・ライフ・暮らし・生活 

 

 

 

月曜日は 冬至 でしたね。

個人的に昔から一年でいちばん好きな日でした。

昼が短く、夜が長い・

 

前々職の時、営業で外出した日に

夕方、陽が落ちて暗くなってから会社に戻るのが好きでした。

退社時間が早くなったわけでもないのに、

チャチャっと後始末をすればもうすぐ帰れる、

オーナーや嫌な上司と顔を合わせなくて済むとか、くだらない理由だったのです。

 

そして、退職したばかりの 夜勤 でも、

朝やっと明るくなって、世の中や館内の客が活動を始めた頃に帰宅できるのが最高でしたね。

暗いうちに出社し、薄明るいちに帰ってくる・

あまりにも暗くて車のヘッドライトを点灯することもありました。

 

要約すると冬至が好きな理由は人と会わなくても済む・というでした。

 

クリスマス になると、

街中で光り輝いている イルミネーション を横目に車を走らせるのは

こんなオヤジでもワクワクするものがありました。

大都会と違って小さなツリーやイルミネーションばかりですけどね。

 

そんな私の通勤時間は、片道たったの30分でしたが、

世の中で起きていることを確認できる絶好の30分でした。

新型コロナウィルス感染拡大のよる 自粛要請 の時も

22時過ぎの通勤時はどこもかしこも閉まっていて不気味な街に様変わりしていました。

そのまま再開しなかった焼肉店はさぞや無念でしたでしょうね。

 

2年前の 北海道胆振東部地震 で北海道全域で停電になった ブラックアウト の時に

真っ黒な道路を運転していたことは忘れません。

 

ブラックアウト

 

前々職では通勤以外でも営業に出た日には40~50㎞は運転していましたが、

函館から札幌・旭川 日帰り という地獄の出張もありましたね。

恐ろしい会社ですが、そこは得意の サボルタージュ でうまくこなしていたオヤジです。

 

そんな夜の外出、車の運転も最近は少なくなりました。

週一の買い物以外はほとんど家から出ませんし、出る用事がありません。

不要不急の用事は週一の買い物の時に集約して済ませることにしています。

 

外出もしなくなって、これからドンドン地元のことにも疎くなっていくのでしょう・

人と会うこともなく、話すのは奥さんだけ・

テレビだけが唯一の娯楽ではどんな将来になるのかおよそ検討がつきますが、

それでもしっかりと志だけは高く生きていきたいと思っています。

 

 

今日の記事は何を言いたかったのか、途中からわからなくなりました。

車の運転のことについて語りたかったようですね、たぶん。

 

情けない限りです。

 

 

 




 




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました