大事になる前にできることはする | 北海道の田舎発大都会向けニュース

介護保険の住宅改修助成で手すりと滑り止めマットを設置する

今の自分が思っていること

 *にほんブログ村       <参加テーマ>   ●節約ライフ                          にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ    ●ライフスタイル・ライフ・暮らし・生活 

 

 

 

会社員生活にピリオドを打って、さあこれから何しよう・と思っていたのに、

恐ろしいほどに1日があっという間です。

きっと1年経ったときにも同じことを言っていることでしょう・

そして気が付いたら70歳、80歳と両親の亡くなった年齢になっているのですね。

考えたくないけれど避けられないことに絶望しています。

 

お義母さんとの同居を始めてすぐに、市役所に転入届を提出し、

後期高齢者健康保険、介護保険などの手続きを終えたのが10月の中旬でした。

 

その後、デイサービス などの介護サービスを開始したときに

合わせて申請していたのが、玄関前の手すりなどの設置工事助成です。

正式には 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修 というようですが、

つまり介護保険の助成で

玄関に手すりと滑り止め床材の設置をしたい・とお願いしていたのです。

その工事にやっと認可がおりました。

 

費用の9割を助成してくれますので 自己負担は1割

これはありがたい制度ですね。

総費用が15万円なら15,000円を負担するだけでいいのですから・

 

コロナに関係なく以前からあった制度ですが、

他にも私たちが知らない制度もたくさんあるようですね。

知っていればもらえたのに・と後悔しないように調べ尽くしてみたいと思います。

 

玄関手すり

 もちろん資料画像です。

 

11月末に認可がおりて、先週末に工事をする予定でしたが、

当日の朝はうっすらと雪が積もって、

おまけに最高気温も2℃と強烈に寒い日でしたので、急遽中止に・

雪が降ったことよりも、気温が低いと接着剤が乾かないということが理由らしいのです。

次回、予定している日はなんとか暖かくなってほしいと思っています。

 

同居を始めてから、お義母さんが大きく転倒したのは2回・

先日、通院から帰ってきたときのこと。

私は散歩に行っていたので目撃していませんが、

奥さんが車から荷物を持って玄関に入ったら、あがりかまち で仰向けになっていたそうです。

誰も見ていないとき、これが怖いですね。

 

ニトリ のエスカレーターで前方に倒れこんだこともありました。

コロナもことも頭にあったのでしょうね。

一瞬、エスカレーターの手すりに掴まろうかどうか躊躇していた時に

バランスを崩して前方に倒れこんだのです。

 

上りのエスカレーターで、お義母さんを先に行かせたのがよかった。

すぐ後ろにいた私が体を起こすことができましたから・

今度からは上りはお義母さんの後ろ、下りはお義母さんの前にいるようにすれば完璧です。

 

高齢になってからのケガは二度と歩けなくなったりしますから

外出の時にはボディガードのように張り付いていようと思うオヤジです。

 

 

 

 




 




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました