クリスマスと年末はノルマとしがらみに苦しむ季節でした

クリスマス

[temp id=2]

 

12月の第1週も終わり、年末年始へまっしぐらという感じですが、

コロナ禍のクリスマスやお正月はどんなことになるのやら・

 

我が家は高齢者世帯ですから、家族・知人とドンチャン騒ぎをするわけでもなく、

日常となんら変わらないクリスマスですが、

ちょっと変わっているのは恒例のクリスマスケーキです。

今の若者なら敬遠しそうな、

老人御用達のオーソドックスな バタークリームケーキ を毎年購入します。

ケーキメーカーでも販売していますから、根強い人気があるのでしょう・

 

生クリーム に慣れている若者は

ゲッ~と吐き出してしまうかもしれませんが、私たちにはとても懐かしい味なんです。

高級なスイーツが氾濫している現代ですが、

食べたこともない、見たこともない、

どうやって食べたらいいのかさえ、わからないようなケーキに

拒否反応が出てしまう高齢者たち・

 

高価すぎて食べた気がしない・

お洒落すぎてどこから手を付けたらいいのかわからない・

そんな夢みたいなケーキを購入することは絶対にありません。

頂き物ならありがたく頂戴しますがそんな奇特な人もいないしね。

 

私たちにはスーパーで2個セットで売っている、

安いショートケーキやモンブランが似合っていると思っています。

同じようにティラミスも気にいっています。

食後のデザートには 業務スーパー のレアチーズや水ようかんがいいですね。

 

クリスマス

 

仕事をしていた時は様々な付き合いがあって、

去年はあっちの店でクリスマスケーキを買ったから、今年はこっちで買おう・と、

毎年面倒くさいことで悩んだ時期もありました。

 

お正月の おせち料理 も同様ですね。

何万円もするおせちを売らなければならない時には本当に苦しみました。

前々職を退職してそれらのノルマから解放され、

しがらみは一切なくなって、本当に助かりました。

それだけでも辞めた甲斐があったというものです。

 

やっぱり強制的なノルマがあるような会社は感心しませんね。

ブラックとまでは言いませんが、

どのような業界でもノルマは最終的に社員が自腹を切ることになるのは目に見えています。

みんなが正当な方法でノルマを達成できるとは思えません。

 

マシンガントークで次から次へと契約をとることができる・

そんな優秀なセールスマンなら容易いことだと思いますが、

ケーキ1個でもなかなか売れない社員やパートさんもいるのです。

 

スーパーで働くパートさんにも、ノルマがあると聞いたことがあります。

ある期間にビールを何箱、お米を何㎏とか・

自分が働く場所を確保するために仕方がなく、

あちこちに声をかけて購入してもらっているれど、それにも限界があるというのです。

そうなると自腹です。

 

ノルマを全面的に否定するわけではありませんが、

従業員に負担をかける前に

企業努力でノルマ分くらい売上達成してほしいものですね。

 

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA