退屈そうな散歩でも面白いことが起こるものです

[temp id=2]

 

夜勤に行かなくなって一か月が過ぎましたが、

あっという間の11月に驚いています。

 

何もしないで過ごす日もあれば、

お義母さんの通院、買い物などに出かけると半日は潰れてしまうこともあります。

以前の我が家は昼食抜きの1日2食でしたが、今は3食・

 

お義母さんのことを考えれば2食にはできないので、

仕方なくお昼ご飯も食べていますが、

3食も食べるから一日があっという間に過ぎてしまうのでしょうね。

そして体重増加も仕方がないこと。

どうすれば健全な食生活を送れるようになるのか 五里霧中 のオヤジです。

 

散歩 は気軽に行けるようになりました。

健康のためとか、ダイエットとか面倒くさい言い訳しなくても

精神的に解放され豊かな気持ちになれるようです。

 

散歩に行かなければ・という強迫観念みたいものも一切感じなくなりました。

体の調子が悪かったり、雨が降っていれば行かない・

半日外出した時も無理して行かない・

当たり前のことですが、

行っても行かなくてもどうでもいいのです。

だから誰かに言い訳がましいことをいう必要もないので

スッキリとした気持ちで散歩できているこの頃です。

 

奥さんが言うには1時間の散歩は1錠の抗うつ剤と同じ効果があるらしい・

先日、かかりつけ医から処方してもらった

抗うつ剤も今のところは服用しなくても済んでいます。

 

大型犬

 

先日の散歩の時の出来事です。

大きなワンコと一緒に散歩していた高齢の女性を、私が追い越そうしたのに気づき、

その女性がワンコのリードを強く引いた瞬間、

首輪がスッポリと頭から抜けてしまったのです。

 

急に首が軽くなったワンコが車道をどんどんと進んで行くので

飼い主でもないのに私も少し焦ってしまった。

 

その女性が

クルマっ!クルマ来たよっ!と叫んでも 犬に念仏猫に経 です。

そこで私が咄嗟にしたことが

パン、パン、パンと両手を叩いてワンちゃんの気を引いたのです。

それも二度・

 

するとどうでしょう・

ワンコは立ち止まり、私をじっと見つめています。

その隙にあの女性が首輪をつけることができました。

ありがとうございました・と言われるほどのことはしていないと思うのですが、

その場を離れてから

私は ドッグトレーナーか、ヘビ使いか・と一人でほくそ笑んでいたオヤジです。

 

頭を撫でてあげようとしたときに手を嚙まれそうになりましたが

やっぱりワンコはかわいい生きものですね。

 

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]