目を見て話すのが苦手です | 北海道の田舎発大都会向けニュース

忙しい時に満面の笑みで対応できますか

とても怒ったニュース
   * 応援ありがとうございます *
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

タイトルの通りにお聞きします。

 

皆さんは仕事でもプライベートでも、

猫の手も借りたいほどに忙しい時に話しかけられたら、

満面の笑みで対応できますか・

 

普通の会話ならともかく、

TPOをわきまえずに長話をする人がやたら多いのには驚きます。

客や上司に無神経に長話をされた経験を持っている人も多いと思いますが、

必要なことならもちろんOKですが、

世間話を延々と話す客には閉口します。

 

旅行先で自分の故郷自慢をするのは結構ですが、

ほどほどにしましょうよ。

悪意のないことは承知していますがやっぱりムッとしてしまいます。

自分なりに表情には出していないつもりでいますが、

瞬間的に

 

もう、話しかけるなっ!

そんなオーラを発しているかもしれません。

 

どうにもこうにも修正出来ずにこの歳まで生きてしまいました。

私の不徳の致すところです。

 

前々職でも、

何ヶ月もかけて用意したイベントの現場に

オーナーがいるだけでなぜか腹が立ったものです。

本人は不慣れなことでも手伝おうとするのですが、

黙って立っていてもらったほうがまだマシでした。

 

苛立って、苛立って・・

あの時はわざと顔を合わせずに、

ひたすら動き回り、無視しているといつの間にかいなくなるのですが、

終了後は慰労するつもりか、

ジュースなどを差し入れてくれるのでまた憎めなくなるのです。

 

ジュースの差し入れ

 

思いだすだけでも冷や汗が出てきます。

憎らしい、こざかしい男と思われていたことでしょうね。

社長と大喧嘩したこともありました。

訓告 とかの処分が出なかったのが不思議です。

それだけ頼られていたのかもしれませんが、

扱いづらい社員とレッテルを貼られていたかもしれません。

 

注意されることもなかったのは

きっと 訓告処分 という言葉さえ知らなかったのかも・

 

私は表情が読み取られやすいのかしれません。

奥さんがいつも聞きます。

 

何かあった?

 

気分が落ち込んでいるときは

よほどムッとした顔をしているのでしょう。

逆に気分のいい時は無駄に話すことが多くなっているとか・

 

普段から目を見て話すのは苦手ですが、

会話を遮るには目を合わせないのがイチバンですね。

客が遠ざかっていくのが横目に入ってくると、

やったぁ・と勝ち誇ってしまうオヤジでした。

 




 




 

コメント