死なない程度に身体を動かすのがいい | 北海道の田舎発大都会向けニュース

肥満オヤジは有酸素運動が苦手です

個人的なニュース
   * 応援ありがとうございます *
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

お義母さんとの同居が始まってからは、

確実に1日3食になっているわけで、

かろうじて大幅に増加することもなく許容範囲内で収まっていますが、

働かなくなったらどうなることやら・

食べたらソファーで横になって・を繰り返すことになるのは必至です。

 

1時間くらいの ウォーキング しても焼け石に水でしょ・

ウォーキングと散歩の違いがよくわかりませんが、

精神的に有効ですから歩きますよ。

雨や猛吹雪の時は休みますが、

その代わり雪かきに専念して体力維持を図りたいと思っています。

 

昔、スポーツジムに行っていた時は

ムキムキマン になるつもりもなく、それ専用のマシンは一切使っていません。

・というか使い方知りませんでした。

 

エアロビクスの教室もありましたが、

そんな女性が多いところで醜態を晒すような破廉恥なことはしたくないし、

ランニングマシンもまともに走れませんから、

早足にセットして体裁だけを保っていました。

 

人並みにできたのは エアロバイク で心臓が破裂しそうになることもなく、

ほどほどに汗をかくこともできました。

エアロバイクがいっぱいなら、クロストレーナー でも良かったのですが、

個人的にはあまり好きではありません。

まるで 竹馬 に乗っているみたいで・

 

クロストレーナー

 

結局、使えるマシンは数種類だけで、

自分で決めた分をクリアすると プール に行きます。

 

プールでもほかの人のように何mも泳げるわけでもなく、

もっぱら水の中を歩くことで満足していた肥満オヤジです。

 

すべてやり終えるとお風呂でサウナを堪能・

いったい何をするためにジムに行っていたのかわかりません。

 

歩くなら家の周りを早足で歩けばいいし、

堪能と書きましたが、別にサウナが大好きなわけでもなく

家のお風呂で十分だし・

何よりも折角お金払っているのだから行かないと・という義務感だけになって

こんな性格だからジム友達ができるわけもなく、

無駄にウエアーなど格好だけ揃えてしまったようです。

 

保健所の建物のなかにも高齢者用のトレーニングルームがあるようですが、

一回の利用料が200円ですから、

行きたいときに行けばいいし、義務感に苛まされることもない。

これはいいかも・と思ったのですが、

あまりにもトレーニングマシンが少なすぎるようです。

一度見学してみてもいいかもしれません。

 

自分の身体を鍛え抜く・なんてことは10代だけでした。

社会人になってから加入したラグビーチームも

一週間に一度だけの集まりですから、

水曜日頃にちょっと走りこんでおけば十分なレベル・

 

いまさら鍛えても仕方がないので、

死なない程度に歩いていきたいと思っています。

 

 




 




コメント