不審人物がクレームをつけるのか・ | 北海道の田舎発大都会向けニュース

責任者来いって言ったのになぜ顔を隠すのか

思い出すのは昔のこと
   * 応援ありがとうございます *
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

マジックナンバー もとうとう「3」となりました。

 

あと3回勤務すると晴れて会社から解き放されるのです。

社畜 となって45年・

転職が思うようにいかず無職になったり、

サービス業以外の仕事を一年だけしたこともありますが、

ほぼ同じ業種で働いてきたのはエライと思います。

 

一度も転職したこともなく、ひとつの会社を勤め上げた人には敵いませんが、

違う業種を転々としなかっただけでも良しとしましょう。

 

辞めたあとには、客の理不尽な言動で悩まされてきた過去を

かなりリアルに暴露してやろうと思っていましたが、

先日も書いたようにやめました。

面白可笑しく書くことはあるかもしれませんが、

辛辣に批判することは自分自身のためにもいいことはないような気がします。

 

客の屁理屈も元々は私の言動が起因していたかもしれません。

たった一言で客を怒らせてしまったこともありますからね。

こんな感じで、

 

歯ブラシがないんだけれど・

 

そうですか、ありませんでしたか・

 

この「ありませんでしたか・」で客が激高してしまったことがあります。

 

無いから電話してんだろうっ!

てめー、ちょっと来いっ!

 

こんな感じで30分以上責められました。

こんな野郎のいうことを黙って聞いていなければいけないことに

泣きたくなってきました。

それも自分のお金は一切出していないくせに

俺も一端の客だという某観光バスの運転手・

 

バスの運転手

 

こんな奴とのことで仕事を棒に振りたくないですから、

じっと我慢はしましたが、

殴り合いはもちろん、言葉の応酬もできないのがサービス業です。

 

こんなこともありました。

クレームの内容は忘れましたが、

例の 責任者出て来い・ってやつで、部屋まで行って驚きました。

なんと部屋の中は真っ暗で、

私は訳あって顔を出すことは出来ない・と最後まで照明を点けることなく

延々と1時間近くもクレームを言われたことがあるのです。

 

顔を見せずにチェックインしたのか?

チェックアウトはどうする?

 

かなり昔の話なので不鮮明ではありますが、

スタッフみんなで

作家でないかい? 

政治家かもしれないっしょ・ (北海道弁で・)

・と不審人物について推測した記憶だけが残っています。

 

これくらいは辛辣なうちには入りません。

これからも思い出したら、

面白おかしく披露していきたいと思っています。

 

 




 




 

コメント