悪い人も多いけど良い人が圧倒的に多いと信じたい | 北海道の田舎発大都会向けニュース

マジックナンバー点灯! 心優しい人がたくさんいることも再認識

今の自分が思っていること

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

いよいよ マジックナンバー 10 になりました。

辞表を提出してから、あっという間でしたが、

お義母さんの引っ越しがあったせいか、

イライラ、じりじりしながら毎日の仕事をこなすわけでもなく、

平穏な日々を過ごしています。

 

高齢者の退職ですから、皆さんから優しい声をかけていただいて、

本当にありがたいことです。

 

寂しくなる〜・とか、困る〜とか、

冗談とも本音ともとれる発言に戸惑っているオヤジです。

 

若い人には面倒臭いオヤジと思われていたかもしれませんが、

同世代のパートのオバちゃんたちには頼りにされていた・らしいのは

嬉しいことです。

 

そのパートさんたちの勤務時間は夜も遅く、

他の社員がいない時間帯でしたから、

余計頼りにされていたのでしょう。

 

何かしたという記憶もありませんが、

遅い時間にそれなりに歳を食った男がいるだけでも、

防犯上の役目を果たしていたのでしょう。

 

定年退職

 

最後には必ず挨拶しなければ・と思っていた人がいたのですが、

なんと彼も退職することになっていて、それも私より早く・

先日、彼の方から挨拶に来てくれました。

同じ会社にいながら、職場も違う、勤務時間も違うために、

顔を合わせるのは1年に一度くらいなのに、

こうして挨拶に来てくれたことに心から感謝します。

 

彼の奥さんとも同じ仕事をしたことがありますが、

夫婦ともに常識をわきまえた立派な人達で、

ありきたりの言葉ですが、ふたりとも本当にいい人でした。

これからも素晴らしい人生を歩んで欲しいと切に願っています。

 

滅多に会わない人が嬉しいメッセージをくれました。

その方も半年に一度くらいしか会わないのですが、

退職に伴う書類の中に

 

お元気ですか?

最後に一度お会いしたいですね。

 

とやさしい言葉が書かれたメモが入っていたのには感激でした。

 

社交辞令的なメッセージということはわかっていますが、

それでも退職間際のオヤジには嬉しいものなのです。

 

直属の上司に聞かれました。

 

次の仕事は決まりましたか?

えっ、

 

きちんと退職理由も話したはずですが・

白髪も染めていますから、まだまだ働けるように見えるのでしょうか・

それとも貧乏人だから、働かざるを得ないと思われているのか・

いずれにしても、また履歴書出したり、面接するのは勘弁してもらいたい。

 

新聞配達で小遣い稼ぎ・と考えたこともありますが、

雨風の中、猛吹雪の中の配達は私には無理と奥さんに却下されました。

大型免許があるわけでもなく、二種免許もないし、

危険物取扱者、ボイラー技士免許持っていてもなんの役にも立たないし・

人付き合い悪いから、友人や知人からアルバイトの声がかかることもない。

 

私の報酬を得るための仕事はジ・エンドのようですね。

 




 




コメント