老化現象の始まりか 車のドアに指を挟まれる

[temp id=2]

 

いよいよ今日の夜、最後の夜勤に出かけます。

嬉しい気持ちと感慨深いものが入り交ざった複雑な心境です。

ただひっそりと消えることができれば最高の引退となると思います。

 

 

数日前の朝、夜勤から帰ってホッとして車から降りた時のことです。

なんと、右手の薬指をドアに挟まれてしまいました。

どうして薬指だけなのか自分でも理解できません。

 

あまりの激痛に悲鳴をあげそうになるのを必死に堪えた分、

苛立ちと情けなさに泣きそうになったオヤジです。

自分でドアを閉めたのか、

少し傾斜しているので自然と閉まったのか全く覚えていません。

 

指先はジンジンするし、爪の中は黒くなって血が溜まっているようですが、

骨折とかはないようで病院にも行かずに済んでいます。

 

奥さんに話したところ、

 

老化現象だね・

とうとうやったね。

 

確かにそうかもしれない。

お義母さんも1年前くらいに

車のドアに手を挟んでしまったことがありましたからね。

同じことを私はやってしまったわけです。

 

手を引っ込めるのが遅くなったのか・

危ないところに手を置いている感覚がないのか・

 

自分でドアを閉めたとすると絶対に右手のはずです。

閉めたあとになぜそこに手を置いたのか・

どんなに思いだそうとしても思いだせません。

すべてにおいて老化現象が始まったといってもいいでしょう。

 

仕事でも、うっかりミスがとても多くなっていると感じています。

申し訳ない・を連発しながら、やっぱり歳だね・も連発、

さぞやこのオヤジ面倒くせーと思われていることでしょう。

 

退職する間際に骨折なんかして業務に支障が出なくてよかった。

若い人にドアに挟んだ・なんて言ったらいい笑いものになりますから、

黙っていることにします。

 

十字架と聖書

 

これ以上働くのは気力も体力も無理、

判断力も衰えたのが情けなく、いちばんの決めてになりました。

どんなに慰留されても絶対無理でした。

 

すべて時にかなって美しい

 

これ以上の退職のタイミングはなかったと思います。

神が導いてくれた2020年10月31日でした。

 

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]

忙しい時に満面の笑みで対応できますか

[temp id=2]

 

タイトルの通りにお聞きします。

 

皆さんは仕事でもプライベートでも、

猫の手も借りたいほどに忙しい時に話しかけられたら、

満面の笑みで対応できますか・

 

普通の会話ならともかく、

TPOをわきまえずに長話をする人がやたら多いのには驚きます。

客や上司に無神経に長話をされた経験を持っている人も多いと思いますが、

必要なことならもちろんOKですが、

世間話を延々と話す客には閉口します。

 

旅行先で自分の故郷自慢をするのは結構ですが、

ほどほどにしましょうよ。

悪意のないことは承知していますがやっぱりムッとしてしまいます。

自分なりに表情には出していないつもりでいますが、

瞬間的に

 

もう、話しかけるなっ!

そんなオーラを発しているかもしれません。

 

どうにもこうにも修正出来ずにこの歳まで生きてしまいました。

私の不徳の致すところです。

 

前々職でも、

何ヶ月もかけて用意したイベントの現場に

オーナーがいるだけでなぜか腹が立ったものです。

本人は不慣れなことでも手伝おうとするのですが、

黙って立っていてもらったほうがまだマシでした。

 

苛立って、苛立って・・

あの時はわざと顔を合わせずに、

ひたすら動き回り、無視しているといつの間にかいなくなるのですが、

終了後は慰労するつもりか、

ジュースなどを差し入れてくれるのでまた憎めなくなるのです。

 

ジュースの差し入れ

 

思いだすだけでも冷や汗が出てきます。

憎らしい、こざかしい男と思われていたことでしょうね。

社長と大喧嘩したこともありました。

訓告 とかの処分が出なかったのが不思議です。

それだけ頼られていたのかもしれませんが、

扱いづらい社員とレッテルを貼られていたかもしれません。

 

注意されることもなかったのは

きっと 訓告処分 という言葉さえ知らなかったのかも・

 

私は表情が読み取られやすいのかしれません。

奥さんがいつも聞きます。

 

何かあった?

 

気分が落ち込んでいるときは

よほどムッとした顔をしているのでしょう。

逆に気分のいい時は無駄に話すことが多くなっているとか・

 

普段から目を見て話すのは苦手ですが、

会話を遮るには目を合わせないのがイチバンですね。

客が遠ざかっていくのが横目に入ってくると、

やったぁ・と勝ち誇ってしまうオヤジでした。

 

[temp id=4]

 

[temp id=3]