壊れたスライド蝶番をアロンアルファでくっつけた | 北海道の田舎発大都会向けニュース

受け入れ準備は完璧だけど精神面ではまだのようです

ケチケチ人生 個人的なニュース

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

お義母さんの受け入れ態勢は徐々に整いつつあります。

 

先日の休みは朝から行動開始・

一旦やり始めると勢いでなんとかなるものですね。

 

この日の一番の大仕事は和室2部屋の畳の上に敷いてあった、

ゴザカーペット を撤去することでした。

新築当初から畳を保護するために敷いてあったのですが、

どちらともお義母さんの部屋になるわけですから、

そろそろ本物の畳で過ごしてもらおう・と奥さんの発案でした。

 

これからは畳が傷ついても一向に構いません。

お義母さんの好きなように使ってもらいましょう。

 

・と簡単に言っていますが、これがなかなか大変でして、

タンスを移動しなければカーペットを剥がすことはできないわけですから、

本物の畳を傷つけないように慎重に、

こっちを動かして、あっちを動かして・と少しづつずらして

なんとか剥がして、また元の位置に収めることができました

 

大きな婚礼タンスは3段になっていて、あまりにも重すぎるために、

最上段だけを取り外す作業にかかった途端に、

扉の一部が外れてしまったのには驚きました。

スライド蝶番 と呼ばれる器具が経年劣化のために

破損していたようです。

 

なんとか修理を試みようとしているうちに、

残ったもう一つも壊れ、完全に扉が外れてしまった時には焦りました。

これはホームセンターで購入してこなければ・と思っていた時に

奥さんの鶴の一声・

 

奥さん
奥さん

アロンアルファでくっ付けたら?

上手く付いても力が加わるところだから、

あまり効果は期待できないと思っていたのですが、

 

奥さん
奥さん

どうせ、一年に一回くらいしか開けないから・

 

それならと新品のアロンアルファで接着開始です。

接着面だけではなく、溢れるくらいに注いでしばらく放置したところ、

なんとか接着したようです、ほぼ完ぺきに。

新しい部品を買うこともなく、最高のケチケチですね。

スライド蝶番形は違いますがこんな奴です。

 

それから、アンテナケーブル を露出するのが気になっていたのですが、

畳が見えたことで、ケーブルを畳の下に隠すことが出来るようになって

私にはこれがいちばんの収穫でした。

やるからにはカッコよく仕上げたいですからね。

そのためにケーブルが少し足りなくなりましたが・

 

あとは2階にあったベッドを1階に降ろしてきておしまい・

かろうじて残っていた1台をお義母さんに使ってもらいます。

 

このベッドは以前お義母さんが一人で住んでいた時に、

我が家から小さな コンパクトカー で運んだ想い出のベッドです。

施設に入所するときに我が家に戻ってきて、

またまたそれをお義母さんが使うのです。

 

無駄なことは少しもないのが人生ですね。

昔、バカで愚かなことばかりしていても、

かならず理由があって決して無駄なことではなかった・と、

自分に言い聞かせているオヤジです。

 

かならず今に生かされているのですから・

 




 




コメント