心霊現象は幻覚ではありません | 北海道の田舎発大都会向けニュース

私のまわりで相次ぐ奇妙な出来事

個人的なニュース

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

奇妙な出来事といっても、心霊的なものとそうでないもの。

 

数日前の夜勤のことです。

草木も眠る 丑三つ時 に、いきなり大きな音がして,

事務室を飛び出していったのですが

物質的な異常は何一つなく、人の気配も全くありません。

なんの音だったのか・

鉄製のドアが思いっ切り閉まった音のような気もしましたが、

そんなドア近くにはないし・

 

こんな現象は前々職でもありました。

この時はもう1人いたので錯覚や幻聴ではありません。

でも、この時も何の異常もなく、

不思議な思いだけが残ったのを覚えています。

 

おまけに私たち2人以外には誰もその音を聞いていないのです。

10mも離れていない所にいたのに聞こえなかったという・

怖いですね〜

 

こんな超常現象も経験したことがあります。

面倒くさいかもしれませんが、読んでみてください。

 

霊的能力はありませんが、それなりに感じることはあります
母が亡くなって18日・ こんな時に書く内容ではないかもしれませんが、霊的なことを書かれている方のブログを読んでいてビビっときたので書いてみることにしました。 この歳まで生きているとそれなりに 霊的 な出来事にも遭遇するものです。 子供の頃、窓の外をゆらゆらと動く光の.........もっと読みたい

 

これも自分では納得していない出来事。

ある日、仕事中に愛用の ボールペン を失くし、

事務室、自分の着ているもの、バッグなどあらゆるところを探しても

見つけることが出来ませんでした。

家に帰ってからもカバンの中を何度も探ってみても

やっぱり見つかりません。

 

もう諦めました。

同じものをまた購入すればいい話ですから、

そんなに深刻になることもないのに、

何ごとにも執着してしまう性格で呆れます。

 

そして出勤時にバッグの中をもう一度見てみると、

なんとお気に入りのボールペンが、

サイドポケットの財布の上にのっているではないですか・

バッグをひっくり返してみたりしたのに、

こんな場所にあるなんてあり得ない。

これは 霊的現象 に違いない・とたった一人で信じている私ですが、

だれも真剣には聞いてくれないようなので封印します。

 

心霊写真

 

これも先日あった奇妙な話。

私の職場で客にはマスク着用をお願いしていますが、

真夜中過ぎにウオーキングに行ってくるという80代のおじいさんを、

追いかけてきたこれまた同年代のおばあさん。

おじいさんがいうには 老兄弟 ということでした。

 

マスクつけねばダメだべさ〜

 

・とマスクを手渡すおばあさんがマスクしていなかった話。

 

本人たちも大笑いしていましたが奇妙な話です。

そのうち私もこうなるのでしょうか。

メガネもかけてるのに、家中さがしたりしてね。

 




 




コメント