介護保険を有効に使わせてもらいます。 | 北海道の田舎発大都会向けニュース

役所の手続きとDIY、そして自分のこと

今の自分が思っていること

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

お義母さんとの話し合いの結果、今の施設を 退所 することに決まりました。

 

この日の病院が終わったら、どこかでソフトクリームでも食べながら、

ゆっくりと、でも真剣に話し合おうと思っていたのですが、

お義母さんの第一声がこれです。

 

〇〇町のほうへ行ってほしい・

号線の途中にある大きな建物・

 

どこのことを言っているのか、

まったく推測することもできませんでした。

高齢者施設か民間のアパートなのか定かではありませんが、

亡くなった弟さんが以前住んでいたらしいところに、

空室 があるかどうか、聞いてみたいというのです。

 

どんなところでも一人暮らしの高齢者が借りることは無理なのですが、

まだ理解してくれていないようですね。

 

いきなり施設を出る話を

お義母さんのほうから振ってくれたのは好都合でした。

 

ソフトクリームを食べながら、

これから始まる未知の暮らしや

施設を退所するにあたっての注意事項、

これから起こるかもしれない様々なことを話して出した結論です。

お義母さんが首を縦に振ってくれた時にはうれしかったぁ・

 

受け入れる側の準備もいろいろあるので、あと一カ月くらいは

辛抱してもらうことになりますが、

それまでなんとか耐えてほしいと思います。

 

このまま、外食も買い物にも行けない状況ではあまりにも可哀そう過ぎます。

他の入所者さんも口を揃えて 刑務所 みたいだと言っているそうです。

 

これからはお義母さんの手続きだけでも大変なことです。

町から市に変わりますから、

住所だけでなく福祉や介護サービスのことなども

一気に更新しなくてはなりません。

 

お義母さんは デイサービス にも乗り気ですし、

我が家の玄関にも 介護保険の補助 をつかって 手すり も付けたいと思っています。

 

玄関手すり

J-GARDENさん HPよりお借りしました。

 

奥の部屋の一角にお義母さん専用のスペースも作ります。

アンテナ端子 もない部屋で、

コンセント も仏壇が収まっているところの内側にしかなく、

扉を閉めると使えないし・

ちょっと使い勝手の悪い和室なのですが、

お義母さんが好きに過ごせる空間を作ってあげようと思っています。

 

そのために私がしなければいけないことは、

①アンテナ線を隣の部屋から引いてくること。

②コンセントを増設すること。

 

DIY が得意というわけではありませんが、

アンテナも電気系も前々職で散々やらされていたので、

電気工事士の資格はなくてもそれなりに対処できるかなと思っています。

 

部品も古い家の使っていないものを使い回すのではなく、

新品を揃えるつもりです。

ネットでホームセンターよりも安く購入できるものもあれば

ホームセンターで買ったほうが安いものもあります。

 

忙しい一カ月になりそうです。

 




 




コメント

  1. 匿名 より:

    話し合いが上手く進んで良かったですね^^

    ひとつ、気になったので
    コンセントの増設は電気工事士の資格がないとやってはいけません。
    自宅でもあっても同じです。(器用な人なら意外とかんたんで、ホームセンターなどに部品があるのでついついやってしまいがちですが・・・)

    資格無しで工事し、そこ起因で短絡や火事になった場合、保険が効きません。
    そのリスクは知っておられますか?

    素人工事でボヤになることはママあります。
    足腰が悪いお義母様のお部屋のこと、専門業者に頼むことをオススメします。

    • カナン改めおとと より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りのリスクはすべて承知しています。
      専門業者に頼むのは簡単ですが、
      この年まで何十回も経験したことですので、
      ついついDIYでやってしまいます。
      それと家の中に他人が入るのもあまり好きではないので、
      こうするより仕方がない状況なのです。
      ご容赦ください。
      また、ブログで報告します。
      ありがとうございます。