要支援で施設入所は早すぎたのか | 北海道の田舎発大都会向けニュース

慌ただしいけれど想い出に残る秋になりそうです

今の自分が思っていること 個人的なニュース

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

のんびりした9月を過ごせるはずでしたが、

お義母さんの施設のことが急展開したものですから、

いきなり慌ただしい毎日に様変わりしています。

奥さんは一日中いろいろ考えて、夜にはどっと疲れてしまっているようです。

私の仕事がなければ早めに寝ることができるのに申し訳ない。

さていったいどうなることやら・

 

明日、9日はお義母さんの通院の日ですが、

一昨日、電話があって 病院が終わったらまっすぐ帰るから・と言うのです。

もちろん施設側からも外出時のことを注意されたようですが、

なんとこの日は昼食時に お誕生会 が開かれる予定になっていて、

お義母さんも9月生まれですからその対象者なのです。

 

あの施設で二度目のお誕生日会ですが、

去年施設の壁に貼り出されていた名簿では、

昭和生まれ はお義母さんだけでちょっと驚きましたね。

 

大正生まれの入所者さんと同じ自粛生活を過ごさなければならないのは

昭和生まれのお義母さんには可哀そう過ぎます。

 

3年前、いちばん最初に入所できることになった時には、

お義母さんの直前の抵抗で入所を辞退した経緯がありますが、

しばらくしてお義母さんがどうにか納得してくれて

再度入所希望を提出させていただいた施設なので

この2年間弱は心からの感謝しかありません。

 

担当のケアマネジャーさんとも良好な関係を保っていたと思いますが、

あまりにも迷惑をかけすぎたのでしょうか・

ケアマネさんの 堪忍袋の尾が切れた のかもしれません。

 

リハビリする老人

 

新型コロナウィルスがなければ、平穏に暮らしていたと思います。

でも、わかっていただきたいのは、

決して居心地が悪くなったわけではなく、

お義母さんがあまりにも元気ですから、

要支援 の老人が 要介護 の老人と同じレベルで、

自粛しながら暮らしていくことはできないということなんです。

 

9日にお義母さんと今後について話し合いの時間を持ちます。

お誕生日会に遅れないようにテキパキと話しましょう。

本人は退所したいと思っているようですから、

異議申し立てはないと思いますが、

我が家で3人一緒に暮らすことに同意するかどうか・です。

 

以前にもマンションでもアパートでも一人で暮らすと豪語していましたから、

コロナの現状を理解できていないのかも・

90歳を過ぎた一人暮らしの高齢者に部屋を貸してくれる奇特なオーナーはいません。

分譲マンションでも購入すれば話は別ですが・

 

最終的に退所を決定することができたら、

なんとか退所まで1ヶ月くらいは我慢してほしい・と思っています。

私も仕事があるし、

受け入れる我が家も準備万端整えなければいけません。

 

施設にあるお義母さんの荷物だって相当あるはずですから、

私の車で何度も運ぶより

レンタカーを借りてやっぱり一気に運んでしまいたい。

退所するのにチンタラやっていては、

食事の時間になったり、体操の時間になったり・と迷惑かけますからね。

 

あ義母さんだけを先に退所させて、

荷物はあとから都合が良いときに運び出すことも一案ですが、

施設側がどんな反応するのか微妙です。

 

施設使用料は10月分まで支払うことになるはずですから、

一向に構わないと思うのですが、入所者自身が住んでいないことをどう思うのか・

 

慢性的な寝不足の私でも考え始めると眠れなく 高齢者施設脱出計画 です。

 

 




 




 

コメント