思いきって年賀状をやめてみる | 北海道の田舎発大都会向けニュース

年賀状 出すか止めるか 面倒くさい

今の自分が思っていること 個人的なニュース

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

皆さんは 年賀状 どうされていますか・

 

毎年きちんとお世話になった人や友人に出しているという人はエライっ!

昨今は LINE で新年のあいさつが大流行りのようですが、

私のような高齢者の仲間入りしたばかりの人間でも、

LINE年賀状にはちょっと抵抗があります。

 

ハガキの年賀状だったら、読んでも読まなくても相手の勝手・

一年に一回だけの今にも切れそうな糸でつながっている交流でも、

送らないよりはハガキ一枚で角が立たないのもありがたい。

 

一方、LINE年賀状は 既読 になったり、ならなかったりと

リアルタイムで相手とのやり取りが始まるわけですから、

対人恐怖症に近い私にはちょっと無理のようです。

 

昨年は母が亡くなったので 年賀欠礼 でしたが、

本音はこのままずっと欠礼してしまいたい・と思っています。

もう相手の近況を知ったところでどうにもならないし、

自分のことを伝えても意味がないような気がします。

相手だって気になんかしていません。

 

この歳になっても毎年の年賀状は20枚未満・

身内を除いた友人たちも10人もいません。

昨年はこの友人の中の二人から欠礼のハガキが届きました。

やっぱり歳ですね。

この年賀欠礼を機会にどんどん年賀状を出す相手も少なくなっていきます。

毎年、う~んと悩みながら、

 

こいつはもういいかな・

 

・と勝手に淘汰していくわけです。

前年のハガキを見ながら、今年の分を書く人が多いと思いますが、

そうすると、いつの間にか出さなくなった相手がいることにも気づかない。

 

私はパソコンに日本郵便のアプリを入れて、

住所録も管理しているので毎年同じ人間に出すことは可能ですが、

やっぱり淘汰します。

 

ポスト年賀状バージョン

 

私は同窓会やクラス会などには参加しません。

・というより行われているのかどうかもわかりません。

今の私には案内状さえ来ないのかも・

 

アイツを呼んでもつまらないから・

 

・なんてことに周知徹底されているのかもしれませんね。

仲間外れ、放送禁止用語の 村八分 でも私は構わない・

 

同期の中にいても心から楽しめないのですから・

それくらいなら家にいてのんびりソファーに横になって

録画したドラマでも見ているほうが数倍マシなのです。

お金も使わないで済むし、神経をすり減らすこともないわけで・

 

今年は職場で一人の同期に会いました。

今度飲もうぜ・なんて言われても、ほぼ100%連絡はありません。

私に会ってもなんのメリットもないのですから仕方がない。

面白い時間を共有できるならまだしも、

隅っこでウーロン茶か水割りみたいに見えるジンジャーエールを

チビチビやられていてはたまらないはずです。

 

私も飲める体質ならどんなに違った人生になっていたでしょう・

いや、飲めたらとんでもない事件を起こして、

いつも言うように河川敷のブルーシートで寝ていたかもしれません。

 

これで良かったのです。

飲めなくてよかった・と信じています。

 

 




 




 

コメント