コロナリストラの嵐 | 北海道の田舎発大都会向けニュース

秋風と 一緒に始まる コロナリストラ

とても怒ったニュース 今の自分が思っていること

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

新型コロナウイルスの黒い影が

じわりじわりと勤務先を締め付けてきたように感じます。

 

自粛、自粛で休業していた時には、

意外と体力のある会社だと自慢げに話していたものですが、

営業再開してからが、なかなか厳しいようです。

 

開けても地獄、閉めても地獄

 

日本人客だけではどうにも効率が悪いのです。

稼働率は良くても総人数が極端に少ない・

日本人は安いプランに飛びつくから単価も低いし、

ビックリするような高額プランを申し込める人なんてほんの一握りです。

 

そんな状況でもあの手この手で試行錯誤を繰り返す首脳陣ですが、

どうも末端の私たちにはよくわかりません。

 

これからも働いていかなければならない若い人たちには

首脳陣の構想がどのように映るのでしょう・

会社の未来に見切りをつけて早々と行動する人、

もう少し見極めてからでも遅くないと余裕の人もいるかもしれない。

 

歳だけ食った私には、もちろん発言権はありませんが、

どうにも間違った方向に向いているように思えてなりません。

そして社員をないがしろにしている感じもします。

 

社畜人形

 

まず社員に伝えなければならない重要なことを忘れていたり、

無意味な改革をいまさら実行させたり、

管理職だけが優遇されたり・とどこの会社でもあることなのですが、

現場で働く者はそれほど多くを求めてはいません。

 

日々の仕事の中で希望を持てる雰囲気があれば

それだけでなんとか働くことが出来るのです。

張り切って働くか・はわかりませんが・

 

そして多いに越したことはない給料ですが、

少なくても困らない程度ならまだ我慢もできるのです。

コロナ禍を言い訳に一方的に 賃金に関する変更 はどうかと思います。

国からの 休業補償 はどうなりました?

それなのに随分と社員に負担をかけてきますね。

 

社員にとって一番大事なことを文書にしない、

一部社員に口頭で伝えるだけの姿勢にも問題ありかも・

 

会社が立ち行かなくなれば、社員もくそもないわけで、

社員がいなければ、会社も回らないのは子供でもわかります。

お互いに五分の立場だということをわかってほしいものです。

 

あなた方の会社じゃない!

あなた方の社員じゃない!

 

まだ コロナリストラ を断行しないだけマシなのかもしれない。

 

 




 




 

コメント