油絵より水彩画のほうがいい | 北海道の田舎発大都会向けニュース

父の絵に癒されています

今の自分が思っていること

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

何度か記事にしたことがありますが、

亡き父が描いた絵が我が家には6〜7枚あって、

ほとんどが居間や玄関に飾られています。

 

コロナ禍以前には仕事上の成り行きでまったく絵心のない私が、

スケッチ風なものを書く試練がありましたが、

どんなに頑張っても素人には真似事すら出来ませんでした。

 

幸いにもコロナの影響で書くことはなくなりましたが、

また、突然その機会が来ることを考えると恐ろしくなってきます。

 

父のスケッチ

 

父が書いたこのようなタッチで書きたいと思っています。

ラフなスケッチの上に、さっと絵の具を塗ったような感じが大好きで、

これなら真似できるかも・とトライしてみたのですが、

なかなか難しいものでした。

 

そんな駄作でも相手には喜んでもらえたときには、

うそでしょ?と勘ぐってしまったオヤジです。

 

こんな冬の絵も好きですね。

 

冬の絵

 

油絵具をゴタゴタと塗りたくった絵はあまり好みません、私は。

実家や姉の家にもたくさん父の絵があります。

存命中から、機会があればもらってきていましたが、

今となるともっとたくさんGETしておけばよかったと悔やまれます。

 

売却するわけではないけど、

身内の絵というだけで、どんなに高価な絵よりも親しみを感じ、

生活の中に溶け込んでくれています。

 

我が家に何百万円、何千万円で落札したような絵は似合いません。

そんな絵があったとしても、誰一人信じないでしょうから・

すみません、当たり前のことでした。

 

額縁に入っている絵をiPadで撮ったものですから、

まるで雑誌からでも切り抜いたように、迫力もリアル感もない画像で残念です。

間近に見ると結構いい絵なんですよ。

 

我が家では父が言っていた通りに目線の高さに飾ってあります。

どこかの家ではまるで先祖の遺影みたいに、

天井ぎりぎりに飾っている・と残念がっていたものです。

 

住んでいた地域では老人絵画サークルみたいなものを

任されていたこともあったので

私たちが知らない所に父の絵が眠っているかもしれない。

いや、飾られているかもしれないのです。

 

父の絵はなんとなく癖がありますから、もし不意に発見しても、

父の絵に間違いないと鑑定することができると思います。

 

あまり関心がなかった父の絵ですが、

もっと真剣に向き合えばよかったのにね。

何一つ受け継ぐことができなかった愚息の一人です。

 

 




 




 

コメント