やってみせて 言って聞かせて やらせて見て ほめてやらねば 人は動かず | 北海道の田舎発大都会向けニュース

やってみせて 言って聞かせて やらせて見て ほめてやらねば 人は動かず

とても怒ったニュース 今の自分が思っていること

 

 いつも応援ありがとうございます。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬ成けり

出羽国米沢藩9代藩主 上杉鷹山 の有名なことばです。

 

やればできるのにやらないからできないのだ。

やろうとしないからやれないのだ。

 

単純過ぎるほど明快なメッセージで、現代にも当てはまる名言なのですが、

ひとつ間違えると強烈な  パワハラ と受け取られかねないのが悲しい。

 

どんなに難しいことでも強い信念を持ってやれば必ず成就するからと

やる気を起こさせる言葉でも、

今の時代に 根性論 は無用の長物です。

 

死ぬ気でもう一度頑張れ・とかけられた言葉に

さらに苦しんで死を選んでしまった人がいます。

ドラマのように仕事、恋愛などどんな難しい相談をされても、

わかる〜・と相槌だけ打っておけばいいのでしょう・

 

戦争の記録ドキュメントを多く見たこの夏だからこそ

上位に立つものの愚かさが醜く思えてなりません。

餓死寸前で食料も弾薬も尽きているのに、

大和魂で突撃しろっ!・と言う上官は

なぜか栄養失調にはなっていなかったそうです。

 

上杉鷹山の言葉にこんなのもあります。

してみせて 言って聞かせて させてみる

 

山本五十六元帥 も似たようなことを言っています。

やってみせて 言って聞かせて やらせて見て ほめてやらねば 人は動かず

 

現代の企業や役所、団体とさまざまな業態で首脳陣として君臨する人たちが

この言葉を知って、実践できていれば

世の中は少しだけマシになるかもしれません。

 

上杉鷹山

 

さらに上杉鷹山が家督を譲るときに申し渡した 伝国の辞 にはこうあります。

一、藩は先祖から子孫へ伝えられるものであり、藩主の私物ではない。

一、領民は藩に属しているものであり、藩主の私物ではない。

一、藩・領民のために存在・行動するのが藩主であり、

藩主のために存在・行動する藩・領民ではない。

 

現代の企業や組織もお偉いさんの私物ではないのです。

社員や職員も奴隷ではありません。

創業者であっても私物化してはいけないのです。

 

社会のため、社員や職員のために行動する経営者でなければなりません。

経営者のための社員ではないのですよ。

 

会津藩士の掟にはこんなものもあります。

 

  • 一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
  • 二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
  • 三、虚言を言ふ事はなりませぬ
  • 四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
  • 五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
  • 六、戸外で物を食べてはなりませぬ
  • 七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

ならぬことはならぬものです

 

えっ?と驚くのは七番ですね。

江戸時代末期のことですからしかたがありませんが、

きっと現代の福島県でもイジメは少ないと思います。

 

大河ドラマ「八重の桜」でも 綾瀬はるか さんがよく言っていましたね。

ならぬことはならぬものです。

 




 




 

コメント