踊ろうマチルダ・箒側を渡って | 北海道の田舎発大都会向けニュース

「とんび」を見て「踊ろうマチルダ」を知る

今の自分が思っていること 感激したこと

 

   * 応援ありがとうございます *
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

先月録画していたNHKのドラマ「とんび」をようやく観ることができました。

昔、民放で放送されていたときの印象が強いので、

ちょっと違和感がありましたが、やっぱり感動する素晴らしいドラマでした。

 

飲んだくれのオヤジ(とんび)と息子()のやり取りと、

周りの人に見守られ、助けられて成長する息子・あきらの生きざまに

どうしても自分の今と重ねて考えてしまうのです。

 

私も息子のことを鷹と例えたことがありました。

過保護か放任主義か・あなたはどっち?
とんびが鷹を産む はずは無いのですが、我が家の愚息が 鷹 になりました。親バカと言われようが愚か者と罵られようと構いません。具体的には書けませんがよく頑張ったと褒めてあげたい、近くにいるならハグしてあげたい気分です。どのレベルで鷹というのかはそれぞれの判断でしょうけれど、少なくても我が家では .........もっと読みたい

 

オヤジとして今までの私はどうだったのだろう・

息子はあきらのように真面目に生きているだろうか・

 

私はとんび・

否定はしません。

とてもじゃないですが、1部上場会社に勤めるような息子に

恵まれるとは考えてもいませんでした。

本人の努力以外、親のDNA的要素はまったくありません。

 

なんとかこの世知辛い世の中を、

無事に定年まで勤め続けてくれることを祈るばかりです。

 

 とんび

 

原作が有名だとリメイクされることが多いようですが、

何度見ても感動する名作ですね。

 

世界の中心で愛を叫ぶ」もそうでした。

ドラマ版 山田孝之 さんと 綾瀬はるか さんのイメージが強いのですが、

映画版大沢たかお さんと 柴咲コウ さんもよかった・・らしい。

 

映画版は観ていないはずなのですが、

平井堅 さんの「瞳をとじて」が大ヒットしたせいか、

観たつもりになっているオヤジです。

ドラマ版では柴咲コウさんが主題歌を歌っています。

 

話は戻ります。

今回の「とんび」の主題歌に驚きました。

もともと有名な方なのかもしれませんが、私は初めて知ったアーティストで、

これこそ 出会い頭の衝撃 です。

 

アーティスト名は 踊ろうマチルダ さんと言って、

歌のタイトルは「箒川を渡って」です。

 

 

昨年活動を休止したそうですが、私が初めて聞く声とメロディーに

頭をハンマーで殴られたような感覚さえあります。

このアーティストが好きになるかどうかは別の話として

高校時代、はじめて 吉田拓郎 さんを聞いた時以来のことですね。

 

まだまだ私の知らないアーティスト、感動できる歌が

たくさんあることを再認識したオヤジです。

 

 




 

コメント