神の思し召し | 北海道の田舎発大都会向けニュース

少年ジャンプは神の思し召しにちがいない

今の自分が思っていること

 

 

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

北海道の田舎発大都会向けニュース - にほんブログ村

 

もう何年も前のこと。

 

札幌 に遊びに行ったときのことです。

円山地区 といって、東京なら松濤や田園調布のような高級住宅街を

羨望の眼差しで見て回ったことがあります。

おしゃれな街なのですが、円山動物園や円山野球場、円山公園、北海道神宮と

市民が憩うことができる施設がたくさんあって、なかなか活動的な街でもあります。

さらには 宮の森ジャンプ競技場 もあるのです。

 

札幌で有名なのはもちろん 大倉山ジャンプ競技場

昔は大倉山シャンツェと呼ばれていましたね。

1972年札幌オリンピック90m級

金銀銅とメダルを独占した 日の丸飛行隊 で有名なところですが、

何十年も前のことなのに、

未だに観光施設として賑わっているのには驚いた記憶があります。

リフトでジャンプ台の一番上まで登ることもできたようですが、

あまりにも料金が高かったので断念しました。

 

大倉山ジャンプ台

 

そして 70m級 が行われたのが、宮の森ジャンプ競技場なのです。

大倉山ジャンプ競技場と違って観光客も全くいないときに

偶然、駐車場にクルマを滑り込ませた私たちです。

 

そして目撃したのが、夏なのにジャンプ台の上に小さな人影・

しばらくするとその人影は徐々に滑走路の真ん中に移動し、突然滑走を始めたのです。

まさか夏の雪のないジャンプ台で

本物の飛行を見ることができるとは思ってもいませんでした。

 

私には判別できませんでしたが、奥さんは少年だったと言い切りました。

これこそ「少年ジャンプ」です。

これが言いたくてここまで引っ張って申し訳ありません。

でも、このジャンプが見られたのは本当に奇跡です。

あと30秒遅くても見られなかったと思います。

 

一生忘れない奇跡に遭遇するのは、

神の恵み、神のご計画としか言いようがありません。

 

今までも感動したことや泣きたくなった場面がいくつもありましたが、

どれをとっても神様なしではありえないことばかりです。

 

いまこうして生きていられること。

食べる物、住むところ、着る物に困らずに生きていられること。

なんとか退職寸前まで勤めてこられたこと。

 

毎日、神に祈ります。

我らの日用の糧を今日も与えたまえ
我らを試みに遭わせず悪より救い出したまえ

 

最後は英語発音で、エーメン

 

なんかカッコイイ・

 

 




 

コメント