ボケ老人と言ってはいけない | 北海道の田舎発大都会向けニュース

エアコンの冷風が老いた体に突き刺さってくる

今の自分が思っていること

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

若いモンには負けん・と息巻いているわけではないのですが、

最近、若者に負けることばかりです。

 

仕事でも、相手の話が聞こえづらくなったし、書類が見えづらくなってきました。

クーポン券に印刷されている 透かし文字 が、

若者はみな判読できるのに私はまったくわかりません。

白内障 が進行して、全体にモヤっと白く見えるわけですから、

透かし文字が見えなくて当たり前と自己判断しています。

 

先日は同年代のパートさんの問いかけに、

3度目でやっと理解した時には情けない・というよりも、自分自身かなり驚きました。

相手の方もマスクしているから・と慰めてくれたのには感謝です。

 

一度くらい聞き返すことはいつものことですが、二度目も聞こえない、

三度目の正直でやっと理解するなんてもう末期ですね。

このままではいけない、どうにかしなければと思うのですが、

耳鼻科に行ってもきっと 年相応・で済まされてしまうでしょうから、

いまさら診察を受ける気にはなりません。

一年ほど前に健康診断で聴力の低下を指摘されて

耳鼻科を受診したことがありますがこの時も全く異常なしでした。

 

毎日イヤホンを使ってタブレッドをみているのが

耳には良くないことなのかもしれません。

綿棒で耳を掃除するのも控えめにしているのですが・

 

エアコン

 

以前にも書いたことですが、

今年になって体質が著しく変化したように思います。

道南は札幌よりも気温は低く、

やっと夏日になっているくらいで30℃を超えることは滅多にありません。

 

それでも日中に仮眠をとるときには

寝苦しく、扇風機やエアコンを使うのですが、

なぜか今年はエアコンの冷風が刺激的に感じます。

腕を出して寝ていると、まるで 冷風が皮膚に突き刺さってくる ようです。

だから腕をしまって寝ると、今度は暑くて堪らなくなるわけで・

 

昨年はエアコンの設定温度25℃は普通だったのに今年は 27℃ に・

部屋を冷やすというより、温度が上がらないようにしています。

部屋の上部はムッとするように暑くなっている状態でも

下で寝ている私には程よい温度になっています。

 

エアコンを使うほど暑くない時には扇風機にしますが、

扇風機の風も今年はなぜか落ち着かない・

つまり 冷風を心地よく感じて熟睡する・ことが出来なくなったのです。

 

もう老体と呼んでもいい身体なのでしょうね。

まさに今、老体に鞭打って 仕事をしているのかもしれません。

 

ほとんど毎日車を運転しているので、やっぱり目がいちばん心配です。

そして、物忘れ、認知症・

昔は ボケ老人 と呼ばれていましたが、私はその方が似合うかもしれない・

 

でも、トランスフェルラ酸 を飲んでなんとか老いに抵抗してみる。

 

ボケ老人と呼ばせないために。

 

 




 

コメント