自由を排除する北海道警察 | 北海道の田舎発大都会向けニュース

安倍ちゃんはたった一人のヤジにも耐えられないのですか

とても怒ったニュース 今の自分が思っていること

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

北海道の民放が制作したドキュメンタリーが先日BSでも放送されました。

タイトルは「ヤジと民主主義」というもの。

私自身が思想的だったり、法律にくわしいわけではありませんが、

令和時代の自由民権思想排除のように思えてなりません。

 

一年前の七月のことです。

安倍総理 が札幌駅前で参院選の応援演説をしているときに、

安倍、辞めろっ!・と叫んだ男性が警察によって排除されました。

集団で行動したわけでもない、この男性はたった一人で叫んだだけなのに、

大勢の警察官に囲まれ、演説会場から離れたところに連れて行かれたようです。

 

本人が どんな罪ですか? と問いかけても、罪は犯していない・という。

けれど、腕を掴まれ拘束されるようにその場から排除されました。

逮捕ではありませんが明らかに自由を押さえ付けられています。

 

 

他にも女性一人で 増税反対 を訴えた人もいます。

声は出さないけれど、胸にプラカードを下げているだけの女性も・

それでも演説会場から追いやられ、演説が終わるまで警察官がそばにいたそうです。

自民党の関係者がプラカードを持って動き回っても注意もされないのに

これは明らかに自民党や国家権力に対する忖度でしかない。

 

市民や弁護士団体が 北海道警察 に抗議しても7カ月も回答がなかったのに、

今になって ヤジを排除したのは正しかった と結論を出したのです。

 

ヤジと民主主義 ~小さな自由が排除された先に~

 

映像からは男性も女性も決して偏った考えを持ったような人でもなく、

ごく普通の庶民のようです。

そんな人が思い余って声をあげたのに・・

 

北海道警察はあくまでも現場の判断だった、指示はしていないというけれど

あのまま叫ぶ続けさせることでどんな混乱が生じるのでしょう・

現場の指揮官はなぜ排除を決断したのか・

混乱が起きてからでも遅くはないだけの警察官が配備されていたはず・という

関係者の意見もあります。

 

国会議事堂

 

国会のほうがよほどバカなヤジを繰り返しているのに、

安倍ちゃんに国民の声が届いたらマズいのか・

何も起こらないできれいな選挙演説で終わらせよう・と

上層部の人が現場指揮官に指示したのは明白でしょ・

 

不祥事があったらその場の警察官たちはなにか処分を受けるのですか・

将軍や上役に粗相をして腹を切らされた江戸時代と

なんら変わらない構図に思わず笑ってしまいますね。

 

女性を排除した女性警察官は優しくなだめようとする。

ジュースでも飲んで落ち着こうか・

買ってあげるから・と。

私たちも辛いのよ・と言いたげでしたが、

何も罪を犯していない人の自由を束縛する警察官にも

犯罪を未然に防ぐという大義名分があるからできること。

 

でも、たった一人で叫ぶだけの抗議には犯罪の気配はまったくない・

プラカードを持つだけの抗議も同じです。

 

北海道警察の上層部ももちろんキャリア官僚・

安倍ちゃんに忖度してもおかしくありませんが、

みんないい加減にしましょうよ。

共産党の演説でも同じようなことをするかな・

 

国内各所にいる国家公務員がみんな 日和見主義 だったら恐ろしいことです。

みんなが安倍ちゃんのほうを向いて仕事をしている様はまさに 地獄絵図

 

安倍、帰れっはそんなに危険な言葉ですか・

吉田拓郎 さんは本当にライブ会場から帰ってしまいました。

 

安倍、辞めろっ・

安倍晋三内閣総理大臣も 辞めたっと、さっさと帰ってしまえばいいのに・

 

 

 




 

 

コメント