クッキーとソフトクリームが美味しいトラピスト修道院 | 北海道の田舎発大都会向けニュース

もう北海道のことは書かないと宣言したけどトラピスト修道院のことを少しだけ

今の自分が思っていること 思い出すのは昔のこと

 

 

 

 いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

北海道の田舎発大都会向けニュース - にほんブログ村

 

もう北海道のことは書かない、書けない・と宣言したのに

なぜか急に思いだしたのが トラピスト修道院 です。

 

函館から車で1時間ほどの北斗市三ツ石というところにある 男子 の修道院で

正式名称は 厳律シトー修道会  灯台の聖母トラピスト修道院 ・といいます。

もちろん内部は見学できませんが、正門横に小さな資料室があって、

開院時代の過酷な労働の一部を知ることができます。

 

明治36年に当時の助修士がオランダから、ホルスタイン種 5頭を連れてきたのが、

道南の酪農の始まりといわれています。

今でも トラピストクッキー トラピストバターバター飴 を製造し、

奉仕・労働をもって神に仕える者として祈りささげています。

 

昔は事前にハガキで申し込みすれば 男子だけ 工場見学もできたはずなのですが、

現在、ホームページを見る限り見学についての案内は一切掲載されていません。

もしかすると私が知らなかっただけで、

とっくの昔に廃止になっていたのかもしれませんね。

 

新型コロナウイルスの影響で観光客はほとんどいないと思います。

コロナ前でも観光客は函館市内の観光だけで時間いっぱいになってしまい、

車で1時間もかけてここまでやってくる人は少なかったのが実情です。

でもトラピストクッキーは相変わらずの人気のようで、

函館のお土産には最適だと私は思っています。

 

トラピスト修道院

 

修道院の裏山に登っていくと、修道院前にある リタ教会 の墓地や

さらに進むと ルルドの洞窟 があって、マリア様 が待っています。

静寂とはまさにこのような場所のことをいうのでしょう・

展望も素晴らしく遠く函館山を望むこともできます。

 

ルルドの洞窟

 

国道から修道院へ向かう並木道を地元住民が「ローマへの道」と名付けたそうです。

そして、今までに2度この道でパレードが行われたはずです。

私の記憶はあてになりませんが・

北海道警察音楽隊カラーガード隊 の他にも

地元小学生吹奏楽や高校のマーチングバンドが続々と演奏を披露したそうです。

 

この時から ローマへの道 というネーミングがとても気に入っています。

カナン が初めて外を歩いたのもルルドの洞窟前でしたし、

亡き父がここから見た風景を絵にしているのにも驚きました。

 

すべての道はローマへ続く・・のかな?

 




 

コメント