還暦過ぎた夫婦が昔懐かしい通学路を歩いてきました | 北海道の田舎発大都会向けニュース

還暦過ぎた夫婦が昔懐かしい通学路を歩いてきました

今の自分が思っていること 思い出すのは昔のこと

 

 いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ  f:id:with_god0324:20200517055157g:plain

 

新型コロナウィルス もそろそろ鎮静化してきたかと思いきや、

各地で第2派と思われる状況になっていますが、

皆さまの地域はいかがですか?

南北海道は比較的落ち着いていますが、

買い物に出かけるとあまりの人の多さに恐ろしくなります。

飲食店は相変わらず閑散としているようですが、

郊外のパークゴルフ場は駐車場も満パイの大盛況で、

車窓から見た限りではマスクをしていない老人も多数いたように思います。

我慢できないほど楽しいものなのでしょうね。

 

先日も書きましたが、私の勤めている会社はまだ休業中です。

私もひと月の2/3も休みですから、

何か新しいことを始めなければどうにも1日が長くて困ってしまいます。

いつまでも 食っちゃ寝、食っちゃ寝 を繰り返すだけでは精神的にいけません。

 

そこで始めたのが奥さんと一緒に行くウォーキングです。

始める前は私の歩く速さについてこられるか心配でしたが、

いざ歩いてみると私と同等、いや私より速いかもしれない。

息遣いも荒くなったり、汗だくになるわけでもありませんし、

やっぱりスレンダーな人はすごいです。

私はハーハー、ゼーゼーうるさいし、汗が滝のように流れてしまいます。

早く奥さんの倍もある体重、どうにかしたい。

 

f:id:with_god0324:20200530113307j:plain

 

近所を1時間くらい、住宅街をみながら歩くのがいつものパターンですが、

たまには普段は歩かない遠くの町を歩いてみようということになり、

道南の 大沼公園 に車で行って、散策することにしました。

 

大沼は奥さんが子供の頃に住んでいたところで、

今までに数え切れないほど行きましたが、ゆっくり歩くことはなかったのです。

奥さんが通っていた小学校への細い通学路、

今だったら車も通れないような田んぼの中の道を

まるでタイムスリップしたかのように歩いてきました。

 

昔のことですから、学校が終わって帰る時には

馬車に乗せてもらったこともあったそうです。

大人の足ではそれほど遠くはないのですが、

小学生の足ではものすごく遠くに思えたことでしょうね。

 

いまは町の大きな小学校に統合され、スクールバスで通学しているそうです。

小学校の近くに神社があったり、保育園があったりと

昔と変わらない風景だったようですが、

誰も遊んでいない小学校のグラウンドは物寂しいものがありました。

 

ここは〇〇さんの家で頭のいい親子だった・

私の同級生の家・

この家はお金持ちの家だった・

ここのパン屋さんは景気良かったのに・と、奥さんがずっと解説してくれました。

 

あとでiPhoneを確認したらあの小さな町を4km以上も歩いていたのには驚きました。

大沼は道南屈指の観光地ですが、

御多分に洩れずコロナ禍の影響で観光客は皆無でした。

それでも 名物大沼だんご を売っている「沼の家」

頑張って営業してくれていました。

行ったら必ず買う大沼だんごですので、

コロナに負けないで生き延びてほしいものです。

いつか必ずあの賑わいが戻ってきますから・

 

f:id:with_god0324:20200530113632j:plain

 

今回はとても有意義で懐かしさいっぱいの散歩でした。

 

 

 

コメント