かまわないでください、ほっといてください | 北海道の田舎発大都会向けニュース

かまわないでください、ほっといてください

今の自分が思っていること

 

 

息子が苦しんでいるようです。

ただ Facebook で彼の苦悩を推測することしかできませんが、親が狼狽えてはみっともないので平静を装っています。

信じてあげること、信じていることがイチバンの応援と思っていますが、それでも心が揺れるのが親というものです。

 

世の中には呆れるほどいい加減で、自分勝手で自己中心で、人の心にズケズケと入り込んで好き勝手して攪乱させていく 狼 みたいな人たちが多いということは充分に承知しています。

私も結構いい加減で自己中ですが、ズケズケと人の心の中にまで分け入っていくことはしていないつもり・

 

相手を瞬殺するほどの暴言を吐く 怪獣 みたいな奴ら・

所詮、井の中の蛙 なのに偉そうにふんぞり返っている輩たち・

おだてればどこまでも登り続ける 猿 みたいな奴ら・

自分から上座に座る 愚か者 たち・

親や身内がエライから自分も偉くなったように勘違いしている 能天気 な奴ら・

 

 一流と呼ばれる会社や団体でも、こんな奴がうじゃうじゃいるのです。

日本の未来は明るいとは言えませんね。

 

もっと洗練された社会人になってみたらどうですか・

自分の立ち位置や振る舞いを再検証してみてください。

周りの人が自分を受け入れているのかどうか・

自分は愛されているのか・

自分は真実に向かっているか・ (尾崎豊さんの「シェリー」みたい・)

 

誰も傷つけずに生きてくださいよ・

 

お願いですから、かまわないでください。

ほっといてください。

(だれに向かって訴えているのか・)

          f:id:with_god0324:20200223055058j:plain

弱い親が育てたのですから強い人間になれるはずありません。

そんな私たち親子ですから世間の荒波に抗うことはできません。

 

許せないと思っても仕返しするほど強くないし、傍若無人な振る舞いに対応できないからひたすら自分だけで苦しみ悩むことしかできない。

相手もその気で喧嘩を仕掛けてきたわけでもない、何気ないひと言や行動が人を傷つけていることに気づいていない。

だから、相手は悩んでいない・

それなのにこっちだけが悩むのは 滑稽 というもの。 

 

滑稽だとわかっていても吹っ切れない、苦しんでしまうのが我が家の 血筋 です。

 

 

 人気ブログランキング 日記・雑談(60歳代)

 にほんブログ村 シニアブログ

 

 

 

 

コメント