サンタが来なかった我が家には正月も来ないのか・・

タイトルだけ読むと どんなに貧しい暮らしをしているんだろう・ と想像してしまう人がほとんどでしょう。

 

クリスマスは来ましたがサンタさんが来なかった記事はこちら。
www.hakodatenews.site

 

 

昨夜奥さんのPCにこんなメールが入っていたそうです。

以下、抜粋します。

【久松】おせちに関するお詫びとお知らせ 【重要】

夜分に申し訳ございません。

緊急内容に伴い、メールにてご連絡することをお許しください。

おせち配送につきまして

ヤマト運輸と毎年協力しながらお届けをいたしておりますが

この度、「冷凍便」で手配した30日お届け分の一部おせちが

輸送時に誤って「冷蔵便」で配送されていたことが発覚いたしました。

そのため、誠に申し訳ございませんが

今回ご注文いただいた「おせち」のお届けができない状況となっております。

 大事な年明けのご準備をこのようなかたちで台無しにしてしまい

誠に申し訳ございません。

お客様へは大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。 

恐れ入りますが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。

 

お届けができない対象につきましては以下の通りです。

  • 対象内容●

【対象エリア】北海道

【対象到着日】12月30日お届け予定品

 

     f:id:with_god0324:20181231020633j:plain

 

そうです、おせちランキング1位の博多久松に注文していたおせちが届かない事態になってしまいました。

今回で4度目の注文になりますが、ここのおせちは冷凍で送られてきたものを冷蔵庫内でじっくり解凍することが必須条件なんです。それが途中で解凍されてしまったことになるわけですね。それにしても残念です。

これほど大きな事故の対応となると博多久松もヤマト運輸もどちらも大変でしょうね。

我が家は何度も食べたおせちだったのでそれほど悲観的にはなっていません。むしろ飽きたかな・と思っていたので、全額返金そしておせちに変わる用意をするための準備金(謝罪金?)を後日送ってくるとの対応でしたのでそっちの方が良かったね・と話していました。

 

北海道の一部では大晦日の夜におせちを食べる風習があります。函館もそうです。

家族が揃って食べて飲んで、一年の締めくくりとして一番のイベントと言っても過言ではありません。過ぎた年を悔やむより新しい年に希望を持てるような年越しになります。そんな大事なイベントにおせちはないけど、正月は誰にでもやってきます。

 

最後の最後にとんでもないハプニングが起きたものです。

今日一日何もないことを祈ります。

 

みなさんよいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 



 

 

 

 

 

 

いろいろあったけどなんとか新年を迎えられることに感謝です

今年もあと二日です。

いろいろあった1年だったようにも思えるけど、いつも通りに淡々と過ぎたような気もします。何かを成し遂げたような感覚もないし・

 

家のことでは屋根と外壁の塗り替えを行って大きなお金が出て行った後に、床下の水道管にピンホールのよる漏水が発生、水とお湯の配管をすべて取り換える工事も追加されました。

築30年の家ですが大事に使ってきたのでとても住み心地のよい家だと思っています。

何年経ったから屋根や外壁の塗り替えをしなければいけない、ボイラーも何年たったから取り換えよう・とすべては奥さんが発案するわけですが、私は生まれつきのケチな男ですからお金がもったいない、もっと酷くなってから、壊れてからと考えてしまいます。

 

数年前にカーポートを建てた時も私は一般的なもので十分だったのですが、奥さんは雪かきのことも考えてサイドパネルを追加し立派なカーポートが出来上がりました。

中古ですが我が家にしたら高級車のプリウスにとても似合います。

奥さんの決断力には頭が下がります。

 

あと今年の出来事で義理の姉が亡くなったことがショックでした。

病気がちだったとか、入院していたわけではないので突然の悲報に衝撃を受けました。

葬儀の時、小さな孫たちが縦横無尽に歩き回っている姿をみていると もっと生きたかった、この孫たち未来を見たかった・ とさぞ無念だったろうと思ったものです。

 

     f:id:with_god0324:20181230034229j:plain

 

身内の死が少しづつ多くなってくると、自分も 歳をとったなあ・ としょんぼりしてしまいます。こうして世代交代が着実に行われていくことが当たり前なのですが、なぜか恐ろしく感じてしまいます。

新しい命にドンドン押されて、子供から少年へ、青年から中年へ、そして老人へ・

たとえは悪いかもしれませんが、まるで天突きで押し出されるところてんのようです。

もうすぐ私も押し出されてしまうのでしょうね。

 

まもなく今年も終わるというのに最後のトラブルです。前回床下の配管で取り換えできなかった個所でまたもやピンホールによる漏水が発生、依頼からしばらく待たされましたが昨日やっと修理が終わりました。これで安心して正月を過ごせます。

 

漏水はいずれも奥さんが気づいたもので、シューシューと音がしていると言われて初めて耳を当てて気づく鈍感な私です。

奥さんの耳が凄いのか、私の耳が衰えているのか・

あと何年かしたら聞こえてもいないのに うん、うん といい加減な返事をする老人になっているかもしれません。

 

来年も淡々と日々が過ぎていくことを祈ります。

 

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活