ラカントのカロリーゼロの飴・・ | 北海道の田舎発大都会向けニュース

ラカントのカロリーゼロの飴・・

個人的なニュース

北日本は大荒れの天気でしょう・・という予報は、

函館にはあまり当てはまりません。

日本海と太平洋を結ぶ津軽海峡に面しているとか、

地理的なことが影響しているのでしょうか・・?

今日も風はあるのですが雪が少なくてホッとしています。

ダイエットに取り組んでから低カロリー甘味料「パルスイート」を使っていたのですが、

いつものスーパーに売っていなくて別の甘味料にしてみたそうです。

P1100859.jpg

ラカン・・

中国桂林にしか栽培されていない「羅漢果」のエキスから作られた、

カロリーゼロの自然派甘味料とあります。

詳しくは検索してみてください。

*「ググる」があるなら「ヤフる」もあるのでしょうか? 

夜勤のときに眠気を覚ますため、コーヒーや飴を用意しています。

コレも奥さんがネットで調べて購入してくれました。

ラカンの「カロリーゼロ飴」です。

いちごミルク味とブルーベリー味の二種類・・

P1100798.jpg

普通の飴の糖分は凄いですからね。

・・だったら食べるなって話ですが、

一晩中起きているとコーヒーだって飽きてくるし、

腹は減ってくるし・・口は寂しいし・・

でも、夜に何か食べると太るし・・

カロリーゼロの飴がちょうどいいのです。

ランキング参加しています 。

 

のちほど訪問させていただきます。

コメント

  1. SECRET: 1
    PASS: 4077b68e90e982fa4d4c887090a789bc
    (ーー;)ダイチモヘトヘトデス
    いよいよ今年の夏、GLAYの凱旋ライブですね!
    緑の島が会場だそうで・・・あの周辺は大変なことになりそう(^_^)v
    国際ホテルからでも高い階なら見えそうですね。
    パルスィートをお使いでしたか?・・・あまり奨められません(ーー;)
    というのは、アスパルテームという「人口甘味料」だからです。
    発売元は味の素?
    ノンカロリー・カロリーゼロでのPRは果たして健康に良いのでしょうか?
    タカシクンさんの年代なら「チクロ」を覚えている事と思います。
    これも「人口甘味料」の一つで発ガン性があるということで
    コカコーラは使用をやめました。
    それと大して変わりません。(厚生省が認可しているだけ)
    今回、ご購入された「ラカント」は自然のものです。
    トレハロースもステビアも自然のものから抽出したものです。
    これらの商品は糖分を医学的に制限されている人の為に作られたもの?
    実際に「羅漢果」を手に入れたことがあります。
    乾燥したものですが、それを弱火で煮込みました。
    煮汁を味見すると、すっと口の中で消えるのですが、その甘いこと!
    「ラカント」は正解だと思います。
    もし、糖尿病とか血糖値に関係が無いのなら気にしないほうが良いのでは。
    かえって、ストレスで・・・ということも。
    それとダイエットと「砂糖」はさほど関係が無いと思います。<炭水化物は別>
    何事もバランス良く摂取していれば健康でいられます。
    生クリームと砂糖の結びつき。大豆蛋白と砂糖の結びつき。
    牛乳に砂糖を入れて飲むとカルシュムが胃で吸収されません。
    しかし、上記だと糖質が細胞に栄養素を取り入れます。
    全てがバランスだとおもいますヨ。
    食べ過ぎたと思ったら、もう一周カナンchanと散歩しましょうね(^_^)v
    ダイエットはそれでいい!
    だけど、夜勤があるなんて知らなかった。
    大変ですね。
    うちの愚息も病院勤めで、日勤・準夜・夜勤があります。
    夜勤明けは機嫌わりぃ~!
    お互い頑張りましょ~ネ(^_^)

  2. タカシクン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    鍵コメさん
    ありがとうございます。
    大手企業が販売しているものは、なんでもOKのように思っていました。
    恐ろしいことですね・・
    ダイエットと砂糖は関係ない?
    なんとなくわかるような気がします。
    ケーキより和菓子のほうが太らないとか言いますし・・。
    実際に甘いもの食べてもあまり太りません。
    (長期的には太るでしょうけど・・)
    私の場合はやっぱり食べ過ぎが原因なのでしょう・・
    あまり噛まないし、早食いだし、
    ・・というわけで甘いものを買ってきました。
    次回記事をお楽しみに・・
    雪融けが進むことを祈っています。